アメリカ合衆国建国の父リンカーンのことば

Abraham Lincoln

日本語訳:

「私は名声を得た。なぜなら、私を信じてくれた沢山の人々を絶対に裏切らなかったからだ。」 〜 エイブラハム・リンカーン

今更ですが、エイブラハム・リンカーンって誰?

第16代アメリカ合衆国大統領。奴隷解放の父と呼ばれ、また南北戦争による国家分裂の危機を乗り越えたことなどが評価され、しばしば最も偉大な大統領の一人に挙げられます。アメリカ史上最初の暗殺された大統領。1865年没。享年54歳。

リンカーンはケンタッキー州の農場に建てられた丸太小屋で1809年2月生まれました。両親は無学な開拓農民であったそうです。リンカーンが9歳の時、母ナンシーは、毒草を食べた牛の乳を誤飲し34歳で亡くなっています。2歳年上の姉のサラは、リンカーンが19歳の時に、死産により21歳で急逝。

リンカーンの受けた正式な教育は幾人かの巡回教師からの1年分に相当するほどの基礎教育だけであり、それ以外はほとんど独学。読書も熱心だったと言います。後に弁護士になる決心をしますが、『イギリス法注釈』など書籍を読むことで法律を独学し始め、その学習方法について「私は誰にも付かずに学んだ」と語っていたそうです。

自分を信じてくれた人を絶対に裏切らない。

リンカーンは23歳の時、イリノイ州のニューセイラムという街の討論クラブの集会に出席したそうです。そこで行ったことと、製材所、製粉所を切り盛りする効率の良さ、さらには彼自身の努力もあって、間もなく町の指導者達などから敬意を持って迎えられるようになったそうです。彼らはリンカーンに政治の世界に入ることを勧め、リンカーンはイリノイ州議会議員候補者になることを宣言することで政治との関わりを始めたそうです。

「自分を信じてくれる人を絶対に裏切らない。」だからこそ、若干23歳にして信頼を集め、後に誰からも尊敬を集める大統領にもなったのでしょうね。学者達による歴代アメリカ合衆国大統領の評価では、現在でもリンカーンは常にトップ3に入っており、1位となることが多いそうです。

人から信頼を得ることって難しいですよね。自分で仕事を始めてみると痛感します。でも、自分を信じてくれる人を絶対に裏切らないという信念を持って仕事をしていれば、自分を信じてくれる人も徐々に増えると信じてやっていこうと思った2016年正月でした。

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)   

目標は「自分の言いたいことを自由に表現できる会話力。」by English Tutors Network

www.etn.co.jp


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です