出張の英語定型表現:タクシー

海外出張でタクシーに乗るとき… 緊張しませんか。特にクライアントと乗る場合は、失敗したくありませんよね。でも英語が不安な方。今回は、そんな方向けに、タクシーに乗る時によく使う英語表現のご紹介です。Check them out!

ちなみに、ビジネスで使用される表現の三分の一程度は定型表現が占めるという統計があります。しかしながら、仕事で必要な英語力というのは、自分の言いたいことを自由に表現できる英語力です。それは定型表現をいくら覚えても習得できません。単語、文法、発音を基礎から学習し、その3つを組み合わせて無限の文を作れるようにトレーニングする必要があります。トレーニング方法は英会話ETNトレーニング法で。

ビジネス英語定型表現まとめサイトをオープンしました。Check it out!

ホテルなどでタクシーを呼んでもらう場合は…

Can you call/get a taxi for me/us please?
タクシーを1台呼んでもらえますか。

《TIP》ホテルの出入口にタクシーが並んでいる場合は「get」、電話して呼んでもらう場合は「call」が良いでしょう。

ドライバーに行き先を伝えましょう。

Can you take me/us to <the Los Angeles International Airport>, please?
ロサンゼルス国際空港までお願いできますか。

<地図を見せながら…>
Can you take me/us here, please?
(地図上の目的地を示しながら) ここまでお願いできますか。

<目的地の住所を伝える時は…>
Take me/us to the <225 5th Avenue> please.
番街225番地までお願いできますか。 

《TIP》英語圏では、タクシーに乗り込む前にドライバーに行き先を告げ、運転手の了解を得ることが普通です。

おおよその金額を聞きたい場合は… 

How much do you think it will cost to get <there/to the airport> ?
<そこ/その空港> までどれくらいの金額で行けますか。

おおよその所要時間を聞く場合は…

How long does it take to get <there/to the airport> ?
<そこ/その空港> までどれくらいの時間がかかりますか。

大きな荷物がある場合は…

Can you put my/our luggage in the trunk?
荷物をトランクに入れてもらえますか?

Can you open the trunk?
トランクを開けてもらえますか?

《TIP》イギリスでは、トランク「trunk」のことを「boot」と言いますが、「trunk」でも通じます。

目的地までの行き方を聞かれ場合は…

<わからない時は…>
Can you take the fastest route, please?
一番早い道順でお願いします。

<行き方を指示する時は…下記の文を組み合わせて説明しましょう>
Keep going down this street please.
この道をまっすぐ行ってください。

Turn right/left <here/at the next light/at the next intersection> please.
<ここ/次の信号/次の交差点>で、右/左折してください。

Turn right/left on to <the 1st Avenue> please.
右/左折して、<一番街> へ行ってください。

Take <the Hollywood boulevard> to <the airport> please.
<空港> まで <ハリウッド大通り> を通って行ってください。

Take <the freeway/highway>, and get off at <the exit 7> please.
高速道路に乗って、7番出口で降りてください。

《TIP》e.g. Can you keep going down this street, and turn right on to the 5th Avenue, and then turn left at the second intersection, please.
この道をまっすぐ行って、5番街へと右折してください。そして2番目の交差点で左折してください。

途中で立ち寄りたいところがある場合は…

Can you stop by the Central Station before going to the airport?
空港に行く前に中央駅に寄ってもらえますか。

<タクシーに、ここでちょっと待っていてほしいと告げる場合は…>
Can you wait here just a minute, please?
ちょっとここで待っていてもらえますか。

行き先が2箇所ある場合は…

We have two destinations. First, go to the Central Station, and then to the Los Angeles International Airport, please.
行き先は2箇所あります。先ずは中央駅に行き、それからロサンジェルス国際空港に向かってください。

途中で降りたい場合は…

Please drop me/us here.
ここで降ろしてもらえますか。

目的地近辺に着いたら…

Can you pull over <here/in front of that building>, please?
<ここ/あのビルの前>で止めてもらえますか。

料金を聞く場合は…

How much is it?
おいくらですか。

チップを払う時は…

<現金で支払い、お釣りを全額チップにする場合>
Keep the change.
お釣りは取っておいてください。(釣りはいらねえよ!)

<現金で支払い、チップ分を差し引いたお釣りをもらう場合>
5 dollars back please.  (e.g. タクシー料金が30ドル、チップを5ドル支払う時。40ドル渡して) 
お釣りは5ドルください。

<お釣りを全額返してもらい、その中からチップを支払う場合>
Thank you.
(お金を渡しながら) ありがとう。

《TIP》タクシーのチップの相場はタクシー料金の15〜20%です。

クレジットカードで支払いたい場合は…

Do you accept credit cards?

Can I pay by credit card?
クレジットカードで支払ますか。

領収書をもらいましょう…

May I have a receipt, please?
領収書をください。

 

電話、メール、来客、出張、プレゼン、ミーティング、ビジネス文書、交渉の定型表現はこちら!

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)

英語学習にもっとビジネス感覚を。費用対効果重視のビジネスパーソン限定。 English Tutors Network

www.etn.co.jp

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です