カテゴリー別アーカイブ: 脳科学入門

脳科学に関する基礎的な知識を応用した、英語を効率的に習得する方法について

まとめ:英語習得のための学習習慣

ビジネスで使える英語を身につけるために、毎日どれくらいの時間を、どれくらいの期間学習しなければならないかという質問をよく受けます。今回はそのまとめです。

英語は毎日学習しなければダメ!?

1週間に1回60分の英会話レッスンだけでは1年で52時間です。これでは、いくら効率的な学習方法でも英語の習得は絶対に不可能です。

自主学習が絶対に必要です。大学を卒業してから全く英語に触れていなければあと1,000時間の学習が必要だと指摘しました。ながら時間を活用し1日90分の学習を毎日確保すれば、1年で500時間、2年で1,000時間確保可能です。え?無理?電車・バスの中、歩きながら、車を運転しながら、家事をやりながら、食事しながら、お風呂に入りながら。どんなに忙しくても1日90分位は確保できるはずです。

週末にまとめて学習することはだめです。毎日学習した方が間に睡眠が入り、記憶が整理されるため、より効率的に学習できるからです。

続きを読む


まとめ:英語の学習効果の現れ方とは!?

毎日英語を学習しているけど、なかなか効果が現れないと感じることはありませんか?なぜでしょう?今回は、学習効果について脳科学の入門的な知識をご紹介します。

学習の効果は幾何級数的なカーブを描く

学習の効果は幾何級数的なカーブを描くことが脳科学からわかっています。つまり「目標を1000とした場合、学習を始めた時点を1とすると、2、4、8、16、32、64と累積効果を示していく。この時点では1000までは程遠いと思うかもしれませんが、128、256、512とくればもう一息で1024になります。このような成長パターンを示すのが脳の性質。」と池谷準教授は指摘しています。

このことから、物事の習得でもっとも大事なことは努力の継続であることがわかります。特に学習の初期の段階では、すぐに成果が現れないからといってすぐに諦めてはいけないということです。

学習の効果は最終的にはS字を描く

続きを読む


まとめ:TOEIC特化の学習の危険性!

今回はTOEICについてのまとめです。現在多くの企業において、昇進の条件としてTOEICの点数を課しています。従ってTOEICの点数を上げることだけに注力して英語を学習している人が多くいらっしゃいます。でもこの現象が、TOEICの点数は高くても話せないから仕事で使えないという人を多く生み出しています。なぜTOEICの点数が高くても話せないのでしょうか?

先ずはTOEIC特化の学習が非効率である理由のまとめから始めましょう。

TOEIC特化の学習は非効率!

続きを読む


まとめ:英語の独学の注意点 (2)

前回は、テレビやラジオの英語の講座、本屋さんでテキストを購入して独学する際の注意点をまとめてみましたが、今回は「多読」「多聴」「聞き流すだけ」の学習方法で注意すべき点についてのまとめです。 

辞書を片手にやみくもに難しい英文を読むことは非効率!

英字新聞・雑誌、ペーパーバックなどをとにかく読むことに集中している方もいると思いますが、特に初級・中級者の方にはあまりお薦めできません。確かに「多読」は英語の習得に非常に有効は方法の一つです。自動化を促す効果があり、更に未習の単語や文法項目も習得することが可能だからです。

続きを読む


まとめ:大人の英語習得法

今回は、このブログのタイトルでもある「大人の英語習得法」です。このブログのメインテーマのまとめですので、一人でも多くの方にお読み頂けると光栄です。

ビジネスパーソンの英語学習法の王道とは!?

語彙・文法・発音の知識を基礎から意識的に学習し、その知識を無意識的に使えるように自動化することをメインとして、ビジネスでの決まりきった言い回し(定型表現)を例文の暗記で補足していくことがビジネスパーソンの英語学習法の王道です。

定型表現を覚えるだけでは、自分の言いたいことを自由に表現できるようになりませんが、ビジネス英語のように特定の集団内で使われる言葉には、日常会話以上に定型表現が多い(フィンランド トゥルク大学のマイク・ネルソン言語センター長)と言います。しかし例文の暗記はあくまで補足です。 

続きを読む


まとめ:TOEICの点数が高くても話せない理由?!

単語や文法、発音の知識はあるけど話せない!TOEICの点数は900点あるけど話せない!仕事で使えるような「話せる英語」を身につけるにはどうしたらいいの? 

英語を流暢に話すために必要な「自動化」

幼少期の言語習得は無意識ですが、大人の英語習得はかなり意識的に学習する必要があると第二言語習得研究でいわれています。物事は、最初は意識的に学習され、何度も行動を繰り返すうちに注意を払わなくても無意識的にできるようになります。これを「自動化」といいます。

続きを読む