月別アーカイブ: 2014年6月

英語の自動化促進には音読!?

以前の投稿で、英語を流暢に「読み・書き・聞き・話す」には「自動化」が必要だということを紹介しました。自動化とは、語彙や文法の知識を無意識的に使える様にすることでしたね。そして、自動化とは、具体的には、英語を「読み・書き・聞き・話す」ときに脳内で行っている下記の表にある8つの処理を自動的にすばやくできる様にすることでした。

では、どうすれば8つの脳内の処理を自動化することができるのでしょうか?今回から数回に渡って、そのやり方についてご紹介していきたいと思います。(何を言っているのかわからない方はこちらを読んでみてください。)

続きを読む


発音記号 / ɑ /:2つ目の「ア」

発音記号を知っていれば、実際に音声を聞いたり、口元を見たりしなくても、正解な発音、そして喉・舌・唇の動かし方がわかります。英単語を覚えるときは発音記号を意識しましょう!

英語は日本語に比べて母音と子音の数が多いため、発音記号を知らなければ、日本人は英語の正確な発音を文字に書き表すことができません。また、発音記号を知らなければ、実際に発音の仕方を見て、口の動かし方を教えてもらわなければ正確には発音できません。発音記号を知ることは、その後の学習を効率的にしてくれます。

英語の発音まとめサイト「英語の発音 by ETN」をオープンしました。(2016年9月11日追記)

発音記号 / ɑ /

続きを読む


英語の発音には腹式呼吸が有効!?

英語の発音の具体的な学習方法の第5回目です。今回は呼吸方法についてです。「腹式呼吸」って聞いたことありますよね。日本人が日本語で話す時は、「腹式」呼吸ではなく「胸式」呼吸が普通だそうです。それでは英語はどうでしょうか?調べた結果をご紹介します。

英語の発音まとめサイト「英語の発音 by ETN」をオープンしました。(2016年9月11日追記)

英語の発音は日本語に比べて強く発音する必要がある!

英語の「p」「b」「t」などの破裂音、「f」「v」「th」などの摩擦音をネイティブに理解できるように正確に発音するには、日本語に比べて強く息を吐き出す必要があります。そのためには、お腹から息を出すようにして発音する、いわゆる腹式呼吸が有効であると言われています。

続きを読む


発音記号 / ʌ /:1つ目の「ア」

発音記号を知っていれば、実際に音声を聞いたり、口元を見たりしなくても、正解な発音、そして喉・舌・唇の動かし方がわかります。英単語を覚えるときは発音記号を意識しましょう!

英語は日本語に比べて母音と子音の数が多いため、発音記号を知らなければ、日本人は英語の正確な発音を文字に書き表すことができません。また、発音記号を知らなければ、実際に発音の仕方を見て、口の動かし方を教えてもらわなければ正確には発音できません。発音記号を知ることは、その後の学習を効率的にしてくれます。

英語の発音まとめサイト「英語の発音 by ETN」をオープンしました。(2016年9月11日追記)

発音記号 / ʌ /

続きを読む