月別アーカイブ: 2016年3月

ビジネスメールの英語定型表現 – フォーマル (2)

今回は前回に続き、ビジネスメールでの決まった表現のご紹介です。フォーマルな言い方の第二回目です。Check them out! 因みに第一回目はこちら

ちなみに、ビジネスで使用される表現の三分の一程度は定型表現が占めるという統計があります。しかしながら、仕事で必要な英語力というのは、自分の言いたいことを自由に表現できる英語力です。それは定型表現をいくら覚えても習得できません。単語、文法、発音を基礎から学習し、その3つを組み合わせて無限の文を作れるようにトレーニングする必要があります。トレーニング方法は英会話ETNトレーニング法で。

ビジネス英語定型表現まとめサイトをオープンしました。Check it out!

Giving news:通知のメールの場合は…

<良いお知らせの通知>
We are pleased to announce that < we have launched our new product line >.
<弊社はこの度、新しいプロダクトラインの販売を開始いたしましたので、> 慎んでお知らせ申し上げます。 
 

続きを読む

英語の発音記号:子音 / ʃ /

発音記号を知っていれば、実際に音声を聞いたり、口元を見たりしなくても、正解な発音、そして喉・舌・唇の動かし方がわかります。英単語を覚えるときは発音記号を意識しましょう!

英語は日本語に比べて母音と子音の数が多いため、発音記号を知らなければ、日本人は英語の正確な発音を文字に書き表すことができません。また、発音記号を知らなければ、実際に発音の仕方を見て、口の動かし方を教えてもらわなければ正確には発音できません。発音記号を知ることは、その後の学習を効率的にしてくれます。

英語の発音まとめサイト「英語の発音 by ETN」をオープンしました。(2016年9月11日追記)

発音記号 / ʃ /

続きを読む

ビジネスメールの英語定型表現 – フォーマル (1)

最近は顧客にメールする機会が多くなりましたよね。小職が若い頃は電話かレター、もしくはテレックスでしたが…。英語でメールを書く際、どうしても時間が掛かってしまいませんか。ビジネスメールでの英語は決まった表現があるので、それを覚えておくと便利ですよ。今回はフォーマルな言い方の第一回目です。Check them out! 因みに第二回目はこちら

ちなみに、ビジネスで使用される表現の三分の一程度は定型表現が占めるという統計があります。しかしながら、仕事で必要な英語力というのは、自分の言いたいことを自由に表現できる英語力です。それは定型表現をいくら覚えても習得できません。単語、文法、発音を基礎から学習し、その3つを組み合わせて無限の文を作れるようにトレーニングする必要があります。トレーニング方法は英会話ETNトレーニング法で。

ビジネス英語定型表現まとめサイトをオープンしました。Check it out!

Salutation: 最初の挨拶

<相手が男性で名前を知っている場合>
Dear Mr. <ラストネーム>,
 

続きを読む

語根「cent」=「one hundred(百)」を覚えろ!

語源を学習することは、脳科学的見地からも、大人が英単語を習得するうえで非常に効率的な方法だと言われています。なぜなら、語源学習のように、ものごとを関連づけて覚えると、記憶が強くなるからです。また、大人の脳が得意とする、理解して理屈を覚えることになるからです。

しかしながら、語源の世界は非常に奥深いため、あまりこだわり過ぎるとかえって学習が非効率になりかねません。英単語の語源まとめサイト「英語の語源 by ETN」では、「これくらいは知っておいてほしい!」という語源をご紹介しています。(2017年1月16日更新)

今回は語根「cent」です。

続きを読む