月別アーカイブ: 2017年7月

効率的に記憶するための学習習慣は?

英語を習得するには多くのことを記憶する必要があります。脳の性質を理解してできるだけ効率的に学習しましょう!脳科学からのヒントをご紹介します。英語学習のヒントに関するまとめページはこちら

寝ている間の脳を有効活用しよう!

人間の脳は寝ている間に記憶を整理整頓していることが知られています。それによって、学習した時点では理解できなかったことが、整理整頓されたおかげで後になって理解できるようになることがあります。この現象を、レミニセンス(追憶)現象と呼ぶそうです。

学習したものが少し時間をおくと高度化するという現象ですが、これは、一日6時間まとめて学習するより、2時間ずつ三日にかけて学習した方が、途中に睡眠が入るため、その間に記憶が整理整頓され、効率的に習得できるということです。

英語は少しずつでも毎日学習した方が圧倒的に効率的ということ。

続きを読む


語根「pel, puls (語根)」=「drive (駆り立てる)」を覚えろ!

語源を学習することは、脳科学的見地からも、大人が英単語を習得するうえで非常に効率的な方法だと言われています。なぜなら、語源学習のように、ものごとを関連づけて覚えると、記憶が強くなるからです。また、大人の脳が得意とする、理解して理屈を覚えることになるからです。

しかしながら、語源の世界は非常に奥深いため、あまりこだわり過ぎるとかえって学習が非効率になりかねません。英単語の語源まとめサイト「英語の語源 by ETN」では、「これくらいは知っておいてほしい!」という語源をご紹介しています。

今回は語根「pel, puls」です。

続きを読む


英会話ETNトレーニング法 27:シミュレーションの効果と方法

ETNで実際に実施している英語・英会話トレーニング方法の27回目です。今回は、具体的なトレーニング方法の11回目で、「シミュレーション」についてです。一人でもできる自主トレーニング法ですので、是非やってみてください。

英会話ETNトレーニング法まとめサイトは こちら

シミュレーションの効果

  • スピーキング力向上のための基本中の基本トレーニング。

  • 自力で英作文することにより、言い回しや表現方法を頭の中に蓄積でき、スピーキングの流暢さを向上させる。

  • アウトプットするには、使用する単語・文法、そして発音を深く理解する必要があるため、自分の弱点に気付くことができ、英語力の底上げにつながる。

続きを読む


英語で話すために必要なトレーニング

英語を話せるようになるためにはどうしたらいいのでしょうか?ビジネスパーソンに英語を教える立場になってから、ずっとその答えを追い求めています。

ことばを話すには言語能力と話すことに関する知識が必要!

我々は日本語をペラペラと話すことができます。なぜでしょう?先ずは、日本語という言語の能力。つまり、単語、文法、発音という言語の3つの基本要素に関する知識を体得しており、そしてそれらの知識を無意識的に、自動的に流暢に使える能力があるからペラペラと日本語を話すことができます

しかしながら、日本語という言語を話す能力だけではペラペラと話すことはできません。話すこと、話すに値するすることがなければ、ペラペラと話すことはできません。つまり、ペラペラと話せるようになるためには、言語能力だけではなく、話す内容についての知識と、それについての自分なりの考えが必要ということ。

言語を話すということはその言語で考える必要がある!

続きを読む