大人の英語習得には「インプットとアウトプット」と「自動化」!

このブログは、大人が仕事で使えるような英語を効率的に習得するためにはどの様な方法が良いのかについて、第二言語習得研究および脳科学研究の入門的な知識を取り入れながら探ってきました。今回は最も重要なことの一部を紹介します。このブログで一番いいたかったことといっても過言ではありません!

英語習得にはインプットとアウトプットの両方が必要!

外国語のメッセージを理解する(いちいち日本語に訳さずに)、すなわちインプットによって、第二言語の音声、語彙、文法の習得がすすむと第二言語習得研究の世界でいわれています。しかしながら、インプットだけではなくアウトプットも必要だということが最近になって強調されています。

このことは、アメリカで見つかった、両親が聴覚障害でことばが話せず、主にテレビから言語を習得した三歳九ヶ月の子どもの事例や、日本語は聞いて理解できるけど話せない日系二世の事例をみれば分かると思います。(これらの事例はこちら

でも一般的な英会話スクールでのレッスンの様に、あまり基礎力がないうちからアウトプットを強制すると、「変な」外国語がみについてしまうおそれがあると指摘されています。十分なインプットなしに、英会話スクールなどでアウトプットばかりに重点を置いても言語習得はすすまないということです。

英語習得には「自動化」が重要!

子どもの言語習得は無意識に「習得」する場合が大半だといわれていますが、大人の第二言語習得はかなり意識的に「学習」する必要があるといわれます。知識(スキル)は、最初は意識的に学習され、何度も行動を繰り返すうちに注意を払わなくても無意識的にできるようになります。これを「自動化」というそうです。

例えば車の運転では、最初のうちはキーを入れるところから一つひとつゆっくり順番を考えながら、個々の動作にかなり注意を払わなければならないけれど、慣れてくると自動的にできるようになります。大人の第二言語習得も同様で、単語、文法、発音の知識を自動的に(無意識的に)できるように自動化する必要があるのです。

その自動化の方法については、今までこのブログを読んできて頂いた方にはもうお分かりですよね!

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)  

英語学習にもっとビジネス感覚を。費用対効果重視のビジネスパーソン限定 English Tutors Network

www.etn.co.jp

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>