英語学習者に朗報! 年齢とともに記憶力は向上する!?

歳をとるにつれて記憶力が落ちたと感じる人は多いのではないでしょうか?でも、脳科学的には年齢とともに記憶力は落ちるどころか、記憶の容量は増大することがわかっているそうです!

ニューロンは減少するけどシナプスは増加するので年齢とともに記憶力は向上する!

確かに、脳の神経細胞(ニューロン)は、1日に数万個単位のスピードで死んでいき、その総数は歳をとるにつれて減少するそうです。でも、脳の数百億個のニューロンをつなぐ役割をになう神経回路(シナプス)は歳をとるにつれて増加することがわかっているそうです。つまり、シナプスは年齢を重ねるにしたがって増加し、記憶の容量が大きくなる。記憶力は年齢とともに低下するどころか、向上するという事です!

ではなぜ歳をとると記憶力が落ちたと感じるのでしょうか?主な原因は2つあるそうです。

好奇心や探究心が薄れてしまうことが記憶力が落ちたと感じる原因の一つ!

スウェーデンの神経生理学者のブリスとレモが、θ波はシナプスの活動を活性化することを発見したそうです[1]。これは脳内にθ波を発生させれば記憶力が向上するということです。θ波を発生させられるもっとも効果的な方法は、覚えたいものに興味を持つ事。何にでも興味を持つ「好奇心」と「探究心」こそが、記憶にとって非常に重要であると脳科学では指摘されているそうです。大人になって記憶力が落ちたと感じる原因の一つは、何事に対しても興味が薄れていくためだといわれています。

英語に「好奇心」と「探究心」を持つ事、もしくは興味がある題材を通して英語を学習すれば英語の上達が早い!

英語を学習する上で、英語自体に「好奇心」と「探究心」を持つことができれば一番効果的なのでしょう。例えば単語を覚える際、語源を理解しながら覚えることは非常に面白く、探究心をかき立てられる方も多いのでお勧めの方法です。でも、英語自体に好奇心を持つことはなかなか難しいという方も多いでしょう。そのような方は、興味がある題材を通して英語を学習することを考えた方がいいかもしれませんね。

次回は、歳をとると記憶力が落ちたと感じる2つ目の理由についてご紹介します。2つ目の理由の方が英語学習に役に立つと思うので、また読んで頂けたら嬉しいです。ETNのサイト(www.etn.co.jp)も!

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)  

ビジネスで通用する英会話力を目指すなら、科学的トレーニング法の English Tutors Network

 

[1] 池谷裕二(2009)「記憶力を強くする〜最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>