ブルース・リーからのメッセージとは?

Bruce Lee

日本語訳:

「知識は力を与えてくれる。しかし、人格は尊敬を与えてくれる。〜 ブルース・リー」

Don’t think. FEEL! 〜 Bruce Lee

ブルース・リーの有名な言葉といえば、” Don’t think. Feel! ” 「考えるな、感じるんだ!」が有名ですよね。これは、映画「燃えよドラゴン」でブルース・リーが少林寺拳法を習う少年に言った台詞でした。少林寺拳法のような格闘技やスポーツなど、やっているときは考える暇なんてないので感じることが重要なんでしょうね。

私は競技スキーをやっていますが、早く滑るには体のそれぞれの部分の動きが重要になります。でも、それらひとつひとつの動きを滑りながらいちいち考える暇なんてありません。ましてや試合のときは、滑り出すと頭が真っ白になるので、考えることなんてできません。やはり、感じること、感覚が重要なんだとつくづく思います。

知識と人格を備えること!

話しがずれました。” Knowledge will give you power, but character respect. ” は、何かを成し遂げようとするとき、知識はその力になる。でも、知識があるだけ、もしくは何かを成し遂げただけでは尊敬はされない。尊敬されるためには人格が備わっている必要がある。ということでしょうか。

でも、そもそも尊敬されたいと思っているような人は人格が備わっているとはいえないので、尊敬はされないのでしょう。ですから、Bruce Leeは、尊敬されたいなら人格を備えろと言っているのではなく、知識と人格の両方が重要なのだと強調したかったのでしょう。

Bruce Leeは1973年に32歳で死去しています。

ちなみに、”but character respect” は、”but character will give you respect” の ” will give you ” が省略されていますね。前文と同じところを繰り返さないのは英語ではよくあることです。

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)

英語学習はもっと科学的に。費用対効果重視のビジネスパーソン限定。 English Tutors Network

www.etn.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>