暗唱・ディクテーション・リピーティングの驚くべき効果

これまで、音読・暗唱・書き写し・ディクテーション・リピーティングが、英語学習においてどの様な効果があるのかご紹介してきました。今回は、音読とその他(暗唱以下)の効果に違いについて書きたいと思います。

音読は英文を覚える必要はないが、暗唱以下は覚える必要がある!

音読は、英文の意味や文の構造を理解しながら声を出して読むことですので、英文を覚える必要はありません。では暗唱・書き写し・ディクテーション・リピーティングはどうでしょうか?

暗唱・書き写し・ディクテーション・リピーティングは、英文を読んで(聞いて)から声に出す(書き取る)まで時間があります。そのため、ある程度長い英文を記憶する必要性が出てきますよね。そのためには、文全体の意味と文法構造を理解しないとなかなか難しいものです。しなしながら、日本語に置き換えでじっくり理解する時間はありません。

暗唱・書き写し・ディクテーション・リピーティングは英語を英語のまま理解する訓練!

日本語に置き換えて、その英文の意味や文の構造をじっくり理解する時間がないので、日本語に置き換えることなく、英語を英語のまま瞬時に意味と文の構造を理解する必要が出てきます。従って、これらのことを繰り返し練習すると、英文を英文のまま前から理解する能力が向上すると考えられます。そしてその結果、英文を英文のままアウトプットする能力も向上することが期待されます。

つまり、英語に触れたときにいちいち日本語に置き換えるのではなく、また、何か言おうとしたときに脳内で日本語から英語に置き換えるのではなく、英語を英語で直接理解する、または英語で考え英語で発言する自動化も促進すると考えられるのです。

次回は、シャドーインクの具体的な効果についてご紹介します。また読んでね!

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)  

英語学習はもっと科学的に。費用対効果重視のビジネスパーソン限定。 English Tutors Network

www.etn.co.jp

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です