語根「fact, fect, fic」=「make (作る)」を覚えろ!

語源を学習することは、脳科学的見地からも、大人が英単語を習得するうえで非常に効率的な方法だと言われています。なぜなら、語源学習のように、ものごとを関連づけて覚えると、記憶が強くなるからです。また、大人の脳が得意とする、理解して理屈を覚えることになるからです。

しかしながら、語源の世界は非常に奥深いため、あまりこだわり過ぎるとかえって学習が非効率になりかねません。英単語の語源まとめサイト「英語の語源 by ETN」では、「これくらいは知っておいてほしい!」という語源をご紹介しています。(2017年1月16日更新)

今回は語根「fact, fect, fic」です。

語根「fact, fect, fic」の意味は「make (作る)」と覚えましょう。

fact   /fǽkt/
[作られたこと] → (名) 事実

factor   /fǽktər/
[作り出すもの] → (名) 要因

factory   /fǽktəri/
[作るところ] → (名) 工場

factitious   /fæktíʃəs/
[作りあげた] → (形) 人工的な

artifact   /ɑ́ːrtifæ̀kt/   [art (語根) = 技術 ]
(技術で作ったもの) → (名) 人工物

manufacture   /mæ̀njəfǽktʃər/   [fact (語根) = make (作る) ]
(手で作る) → (動) 製造する
        
manufacturer   /mæ̀njəfǽktʃərər/   [-er (接尾) = 人]   (名) 製造業者

faculty   /fǽkəlti/   (fac = fact)
(作り出す力や人) → (名) 能力、教員陣

facility   /fəsíləti/   (fac = fact)
(作りやすい状態) → (名) 施設、機能

facilitate   /fəsílətèit/   (fac = fact) [-ate (接尾) = 〜にする]
(作りやすくする) → (動) 促進する

affect   /əfékt/   [af- = ad- (接頭) = to]
(〜に対して作る) → (動) ~に影響を与える
        
affection   /əfékʃən/   (名) 愛情
        affectionate   /əfékʃnət/   (形) 愛情の込もった

defect   /díːfekt/   [de- (接頭) = away]
(離れて作ったもの) → (名) 不備、欠陥
        
defection   /difékʃən/   (名) 欠陥
        defective   /diféktiv/   (形) 欠陥がある

effect   /ifékt/   [ef- = ex- (接頭) = out]
(作り出すこと) → (名) 効果
        
effective   /iféktiv/   (形) 効果的な
        ineffective   /ìniféktiv/   [in- (接頭) = not]   (形) 効果のない
        effectively   /iféktivli/   (副) 効果的に

infect   /infékt/   [in- (接頭) = in ]
(中に作る) → (動) 感染させる
        infection   /infékʃən/   (名) 感染
        infectious   /infékʃəs/   (形) 感染性の

perfect   /pə́ːrfikt/   [fect (語根) = make (作る) ]
(
完全に作られた) → (形) 完全な
        
perfection   /pərfékʃən/   (名) 完全
        perfectly   /pə́ːrfik(t)li/   (副) 完全に
        imperfect   /impə́ːrfikt/   [in- (接頭) = not]   (形) 不完全な

prefecture   /príːfektʃər/   [pre- (接頭) = before]
(先に作られたもの) → (名) 県、府
        
prefectural  /priféktʃərəl/   [-al (接尾) = 〜に関する] (形) 県の、府の

fiction   /fíkʃən/  
[作られたもの] → (名) フィクション
        
fictional   /fíkʃənəl/   [-al (接尾) = 〜に関する]   (形) 架空の
        fictitious   /fiktíʃəs/   [-ous (接尾) = 〜に満ちている]   (形) 偽りの
        non-fiction   /nɔ́nfíkʃən/   [non- (接頭) = not]   (名) (形) ノンフィクション(の)

artificial   /ɑ̀ːrtifíʃl/   [art (語根) = 技術] [-al (接尾) = 〜に関する]
(技術で作ったものに関する) → (形) 人工の

difficult   /dífikʌ̀lt/   [dif- = dis- (接頭) = apart]
(作ることから離れている→作れない) → (形) 困難な
        
difficulty   /dífikʌ̀lti/   (名) 困難

deficit   /défəsit/   [de- (接頭) = away]
(作ることから離れている→作れない) → (名) 欠損、赤字

deficient   /difíʃnt/   [de- (接頭) = away]
(作ることから離れている→作れない) → (形) 不足した
        
deficiency   /difíʃnsi/   (名) 不足

efficient   /ifíʃnt/   [ef- = ex- (接頭) = out]
(作り出すことができる) → (形) 効率的な
        
efficiency   /ifíʃnsi/   (名) 効率(性)
        inefficient   /ìnifíʃnt/   [in- (接頭) = not] (形) 非効率な

magnificent   /mægnífəsnt/   [magn (語根) = great (大きい) ]
(大きく作った) → (形) 壮大な
        
magnificence   /mægnífəsns/   (名) 壮大

office   /ɑ́fəs/   [of- = opus (語根) = work (仕事) ]
(仕事をすること) → (名) 事務所
        
official   /əfíʃl/   [-al (接尾) = 〜に関する]   (形) 公務の、公式な
        officially   /əfíʃəli/   (副) 公式に
        officer   /ɑ́fəsər/   [-er (接尾) = 人]   (名) 士官、役人

proficient   /prəfíʃnt/   [pro- (接頭) = forward]
(前に作った) → (形) (名) 熟練した(人)
        
proficiency   /prəfíʃnsi/   (名) 熟練

sacrifice   /sǽkrəfàis/   [sacri (語根) = sacred (神聖な)]
(神聖にすること) → (名) (動) 犠牲(にする)
        
sacrificial   /sæ̀krəfíʃl/   [-al (接尾) = 〜に関する]   (形) 犠牲の

sufficient   /səfíʃnt/   [suf- = sub- (接頭) = under]
(下に作られている→満たされている) → (形) 十分な
        
sufficiency   /səfíʃnsi/   (名) 十分な数
        sufficiently   /səfíʃntli/   (副) 十分に
        
insufficient   /ìnsəfíʃnt/   [in- (接頭) = not] (形) 不十分な

counterfeit   /káuntərfìt/   (counter- = contra-) [feit = fect (語根) = make (作る) ]
(反対して作る) → (動) 偽造する

 

面白くないですか?面白い!と思えたらシメタものですよ。次回も是非見てみてください。もっと詳しくしりたい方は、ETNの語源まとめサイトで!

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)

目標は「自分の言いたいことを自由に表現できる会話力。」by English Tutors Network

www.etn.co.jp

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>