語根「lect」=「gather (集める)」を覚えろ!

語源を学習することは、脳科学的見地からも、大人が英単語を習得するうえで非常に効率的な方法だと言われています。なぜなら、語源学習のように、ものごとを関連づけて覚えると、記憶が強くなるからです。また、大人の脳が得意とする、理解して理屈を覚えることになるからです。

しかしながら、語源の世界は非常に奥深いため、あまりこだわり過ぎるとかえって学習が非効率になりかねません。英単語の語源まとめサイト「英語の語源 by ETN」では、「これくらいは知っておいてほしい!」という語源をご紹介しています。(2017年1月16日更新)

今回は語根「lect」です。

語根「lect」の意味は「gather (集める)」と覚えましょう。

lecture   /léktʃər/  
[集めること] → (名) 講義
        lecturer   /léktʃərər/   [-er (接尾) = 人]   (名) 講演者

elect   /ilékt/   [e- = ex- (接頭) = out]
(集めたところから出す) → (動) (選挙で)選ぶ
        
election   /ilékʃən/   (名) 選挙
        elector   /iléktər/   [-or = -er (接尾) = 人]   (名) 有権者 

select   /səlékt/   [lect (語根) = choose (選ぶ) ]
(分けて選ぶ) → (動) 選択する
        
selection   /səlékʃən/   (名) 選択
        selective   /siléktiv/   (形) 選択的な

collect   /kəlékt/   [col- = com- (接頭) = together]
(共に集める) → (動) 集める
        
collection   /kəlékʃən/   (名) 集めること
        collective   /kəléktiv/  (形) 集合的な
        collectively   /kəléktivli/   (副) 合計で
        collector   /kəléktər/   [-or = -er (接尾) = 人]   (名) 収集家

recollect   /rèkəlékt/   [re- (接頭) = back] [collect (単語) = 集める]
(再び集める) → (動) 思い出す
         recollection   /rèkəlékʃən/   (名) 思い出すこと

neglect   /niglékt/   (neg- = ne-) [lect (語根) = gather (集める) ]
(集めない) → (動) 無視する
        negligence   /néglidʒəns/   [lig = lect]   (名) 怠慢
        negligent   /néglidʒənt/   (形) 怠慢な
        negligible   /néglidʒəbl/   [-ible = -able (接尾) = 〜できる]  (無視できる)   (形) 取るに足りない

intellect   /íntəlèkt/   [intel- = inter- (接頭) = between]
(間から集めること→選別できること) → (名) 知性
        
intellectual   /ìntəléktʃuəl/   [-al (接尾) = 〜に関する] (知性に関する)   (形) 知的な
        intelligence   /intélidʒəns/   [lig = lect]   (名) 知能
        intelligent   /intélidʒənt/   (形) 知性がある

 

面白くないですか?面白い!と思えたらシメタものですよ。次回も是非見てみてください。もっと詳しくしりたい方は、ETNの語源まとめサイトで!

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)

ネイティブと日本人講師2人がサポート。科学的英会話トレーニングはETN。 English Tutors Network

www.etn.co.jp

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>