語根「passi, pati, path」=「suffer(苦痛に耐える)」を覚えろ!

語源を学習することは、脳科学的見地からも、大人が英単語を習得するうえで非常に効率的な方法だと言われています。なぜなら、語源学習のように、ものごとを関連づけて覚えると、記憶が強くなるからです。また、大人の脳が得意とする、理解して理屈を覚えることになるからです。

しかしながら、語源の世界は非常に奥深いため、あまりこだわり過ぎるとかえって学習が非効率になりかねません。英単語の語源まとめサイト「英語の語源 by ETN」では、「これくらいは知っておいてほしい!」という語源をご紹介しています。

今回は語根「passi, pati, path」です。

語根「passi, pati, path」の意味は「suffer(苦痛に耐える)」と覚えましょう。

passive   /pǽsiv/
[苦痛に耐える] → (形) 受け身の
        passively   /pǽsɪvli/   (副) 受動的に

passion   /pǽʃən/
[苦痛に耐える感情] → (名) 情熱
        passionate   /pǽʃənət/   (形) 情熱的な
        passionately   /pǽʃənətli/   (副) 情熱的に

compassion   /kəmpǽʃən/   [com- (接頭) = together]
(共に苦痛を感じること) → (名) 思いやり
        
compassionate   /kəmpǽʃənit/   (形) 思いやりのある
        compassionately   /kəmpǽʃənətli/   (副) 思いやりをもって

patience   /péiʃns/
[苦痛に耐えること] → (名) 忍耐
        patient   /péiʃnt/   (名) 患者 (形) 忍耐強い
        patiently   /péiʃəntli/   (副) 根気強く
        impatient   /impéiʃnt/   [im- = in- (接頭) = not]   (忍耐強くない) → (形) 性急な

compatible   /kəmpǽtəbl/   [com- (接頭) = together] [-ible = -able (接尾) = 〜できる]
(共に苦痛に耐えることができる) → (形) 共用できる
        
compatibility   /kəmpæ̀təbíləti/   (名) 両立性
        incompatible   /ìnkəmpǽtəbl/   [in- (接頭) = not]   (形) 共用できない

pathetic   /pəθétik/
[苦痛を感じる様な] → (形) 情けない

telepathy   /təlépəθi/   [tele- (接頭) = far(遠く)]
(遠くから苦痛を感じること) → (名) テレパシー

sympathy   /símpəθi/   [sym- = syn- (接頭) = together ]
(共に感じる) → (名) 共感
        
sympathetic   /sìmpəθétik/   (形) 共感する
        sympathize   /símpəθàiz/   [-ize = 〜化する]   (動) 同情する

antipathy   /æntípəθi/   [anti- (接頭) = against]
(苦痛に対抗すること) → (名) 反感
        
antipathetic   /æ̀ntipəθétik/   (形) 反感を持っている

apathy   /ǽpəθi/   [a- (接頭) = not ]
(苦痛を感じない) → (名) 無関心
        
apathetic   /æ̀pəθétik/   (形) 無感動の

 

面白くないですか?面白い!と思えたらシメタものです。もっと詳しく知りたい方は、ETNの語源まとめサイトで!

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。

英語学習はもっと科学的に。費用対効果重視のビジネスパーソン限定。 English Tutors Network

www.etn.co.jp

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>