ビジネスで使われる定型表現を効率的に覚えろ!

以前、 英語は半分くらいが定型表現だということを紹介しました。簡単に説明しますと、英語の日常会話は、2分の1から3分の1を何らかの定型表現が占めるといわれているので、ピッツバーグ大学言語学科の白井教授は、「自然な表現を身につけるために、よく使う表現や、例文、ダイアローグなどを暗記することも効果的」と指摘しています 。ビジネス英語のように特定の集団内で使われる言葉には、日常会話以上に定型表現が多いともいわれています(詳しくはこちらで)。

今回は、この定型表現の効率的な学習方法をご紹介したいと思います。

① 定型表現は理解してから聞いて覚える。

大人の脳は理解して理論や理屈を覚えることが得意です。まずは意味と文法項目をよく理解すること。そして、文法構造と意味を意識しながら繰り返し読むこと、そして聞くことです。特に目の記憶より耳の記憶のほうが心に残るので、繰り返し聞くことが有効です。

② 覚えようとする定型表現を使うこと。

人間の脳は、情報を何度も入れ込むよりも、その情報を何度も使ってみる、想起する方が、長期間安定して記憶することができる性質をもっています。覚えようとしている定型表現を繰り返し使ってみることです。仕事で実際に使ってみてください。

③ 自分の経験と結びつけること。

脳科学研究から、覚えたいことを自分の体験と結びつけることで、大人の脳が得意とするエピソード記憶化することができるといわれています。実際の仕事の状況を想定してプレゼンテーションやミーティングのシミュレーションを行うなどすれば、覚えやすくなると同時に実践ですぐに使える表現も身に付きます。

①〜③ をまとめると・・・

定型表現を効率的に習得するには、語彙や文法構造を理解した後、意味、文法構造、スペリング、発音を意識しながら繰り返し聞くこと、そして口に出したり、書いたりすることでアウトプットすることです。そして、ビジネスでの様々な状況を想定し、学習者の実際の仕事と結びつけながら習得していくことです。

English Tutors Networkでは日本人とネイティブの2人のTutorと①〜③を行ないます。

ETNでは、学習者に適した市販のテキストを使用し、日本人Tutorと意味や文法、基本的な発音・イントネーションを確認(理解)した後に、自主学習で、意味、文法構造、スペリング、発音(ストレス・イントネーション・リズムを含む)を意識しながら繰り返し聞き、リピーティングします。そしてネイティブとのTutorで、更にリピーティングや暗唱などを繰り返しながら、発音・ストレス・イントネーション・リズムを矯正しつつ、記憶と自動化を促進していきます。また、学習者の実際の仕事となるべくリンクさせ、ビジネスの状況別にすぐに使える表現を習得していきます。

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)

TOEIC特化の学習は非効率。話せるTOEIC高得点を目指すなら English Tutors Network

www.etn.co.jp

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>