英文法は段階的に!無視する勇気も?

今回は引き続き英文法の効率的な学習方法についてです。結論から紹介しましょう!

文法はまずは基本的なものから理解・自動化し、徐々に高度化していくこと!そして難解な文法は無視すること!

これが、第二言語習得研究と脳科学研究から導き出される効率的な英文法の学習方法です。それぞれ簡単に説明しますね。

米ピッツバーグ大学の言語学科教授の白井氏は、まずは基本的(高校1年程度)なものについて、アウトプットできる程度、つまりある程度流暢に使えるようになる(自動化)までマスターし、その後インプット理解のために徐々に高度化することを勧めています。いきなり難しいことをやるな!ということですよね。

脳科学からも学ぶ順序は重要!

実は、第二言語習得研修でいわれているこの方法は、脳科学的にも理にかなった習得法だそうです。東京大学大学院の池谷准教授によると、「いきなり高度なことに手を出すよりも、基礎を身につけてから少しずつ難易度を上げていった方が、結果的には早く習得できる。一般にものを習得するときには、まずは大局理解しておくことが大切。始めは細部を気にせず、おおまかに理解し、細かいことは、その後で少しずつ覚えていく方が脳に定着しやすい」とはいいます。脳にやさしい記憶の方法ということですね。

難解な文法は無視!

それから白井教授は、説明を読んでも理解できないような難しい文法については無視してかまわないと指摘しています。確かに、受験英語で、重箱の隅をつっつくようなつまらない文法問題はいっぱいありましたよね。コミュニケーションのための英語を習得するには全く重要ではないものも多いことは事実です。文法学者になりたいのなら別ですが。

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)  

TOEIC特化の学習は非効率。話せるTOEIC高得点を目指すなら English Tutors Network

www.etn.co.jp

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>