科学的に効率的な英文法の学習方法とは!?

文法を効率良く学習するにはどの様にしたら良いのでしょうか。これは以前もご紹介しましたが、重要なので再度まとめてご紹介します。

学習した文法を含む例文を繰り返し読んで聞くこと!

脳科学入門から効率的な英文法学習法は、学習対象の文法項目を含む例文を、文法構造と意味を意識しながら読むこと、そして聞くことです。例文を読むことは、使用されている語彙の意味と文法項目とを関連づけることになるので、文法項目も語彙の意味も脳に定着しやすくなるといいます。これはシナプス(神経回路)の性質を考慮した学習方法です。

また、その例文の音声を、文法構造と意味を思い浮かべながら繰り返し聞くことが有効です。これは目の記憶より耳の記憶のほうが心に残るという脳の性質を考慮した学習方法です。

先ずは基本を学習し、それから応用!

英文法学習について、米ピッツバーグ大学言語学科教授の白井氏は「まずは基本的(高校1年程度)なものについて、アウトプットできる程度、つまりある程度流暢に使えるようになる(自動化)までマスターし、その後インプット理解のために徐々に高度化すること」を勧めています。

東京大学大学院の池谷准教授は「いきなり高度なことに手を出すよりも、基礎を身につけてから少しずつ難易度を上げていった方が、結果的には早く習得できるといいます。一般にものを習得するときには、まずは大局理解しておくことが大切。始めは細部を気にせず、おおまかに理解し、細かいことは、その後で少しずつ覚えていく方が脳に定着しやすい」と指摘しています。白井氏と同じことを言っていますよね。

科学的に最も効率的な英文法の学習法をまとめると…

鉄則①: 例文集が録音された音声が付属した市販の文法書を使用し、文法項目を理解した後、意味、文法構造、スペリング、発音(ストレス・イントネーション・リズムを含む)を意識しながら繰り返し聞くこと、そして口に出したり、書いたり、問題を解いたりすることでその文法項目をアウトプットすること。

鉄則②: まずは基本的(高校1年程度)なものについて理解し、それを自動化(無意識的に使えるようにする)していくと同時に、徐々に高度な項目を理解していく。但し、難解な文法は無視して例文でカバー すること。

鉄則③: 新しい文法や語句を習得するため、比較的容易な英文を多く読み、そして聞くこと。

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)  

ネイティブと日本人講師2人がサポート。科学的英会話トレーニングは English Tutors Network

www.etn.co.jp

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>