「English Grammar in Use」の内容と使い方

前回と前々回と日本の出版社が出している文法書をご紹介しましたが、今回はイギリスのケンブリッジ・ユニバーシティ・プレスが出している文法書です。基本文法をカバーしたものですが、ネイティブの視点から作られているので、上級者でも「へー」と思えるところも多く含まれている文法書です。

おすすめ英語教材まとめサイトこちら

「English Grammar in Use」[Cambridge University Press]

English Grammar in Use

¥4,000程度(実勢価格)

本書の内容は以下の通りです。

  • This book is for students who want help with English grammar. It is written for you to use without a teacher.
  • The book is intended mainly for intermediate (middle- and upper-intermediate levels) students (students who have already studied the basic grammar of English). This book is not suitable for elementary learners.
  • There are 145 units in the book. Each unit concentrates on a particular point of grammar. It is not intended that you work through the book from beginning to end.
  • This edition includes an eBook which has the same grammar explanations and exercises found in the printed book, plus other great features. You can listen to all of the example sentences from the book, record your answers to exercises, highlight text, bookmark pages and add your own personal notes.
  • “Grammar in Use” シリーズは、本書に加え“Essential Grammar in Use (イギリス英語)” “Advanced Grammar in Use (イギリス英語)” “Basic Grammar in Use (アメリカ英語)” “Grammar in Use Intermediate (アメリカ英語)”、そしてアメリカ英語版に日本語解説を加えた「マーフィーのケンブリッジ英文法(初級版)」と「中級版」の7つ。

中級者以上でもう一度文法力をしっかり強化したい方には最適

日本の出版社から出ている文法書とは視点が異なり、上級者でも「なるほど」と思うことが多く含まれています。英語を話すための文法という作りで、かつ、ネイティブの感覚を感じることができるので是非チャレンジしてほしい文法書です。

ちなみに本書はイギリス英語です。本書をアメリカ英語に修正したバージョン(Grammar in Use Intermediate)も出版されています。

おすすめの本書「English Grammar in Use」は、TOEIC500点以上の中級者以上が対象です。初級者には向いていません。ほとんどが基本の文法項目ですが、全て英語で書かれているので、TOEIC高得点者でも取っ付きにくい印象を持たれるかもしれません。

基本、独学用の教材ですが、取っ付きにくいと思われる方は、この教材になれた日本人トレーナー、もしくは文法を教えることに慣れているネイティブトレーナーと一緒に進めることをお勧めします。文法を理解するだけではなく、発音を含めて、自動化して自由に使えるようにするためにも、トレーナーと一緒に学習した方が効率的でしょう。(ETNの講師/トレーナーをご検討ください!)

文法も聴きながら学習することをお勧めしますが、音声がたよりないのが残念!

最初のページから取り掛かる必要はありません。既に知っているところはとばして、苦手なユニットを攻めましょう。どのユニットから始めたら良いかわからない場合は、巻末「Study Guide」の問題を解いて見よう。間違ったところがあなたの苦手なところです。1日1ページと決め、最初から約半年かけて仕上げるのも良いでしょう。

アプリ(スマートフォン/タブレット用)とeBook(iPad/タブレット用)がリリースされています。アプリでは、全145ユニットの説明が読め、簡単なエクササイズも可能です。また、ユニット毎の例文全ての音声が収録してあります。ただし、音声が再生できない事例が生じているようなので注意が必要です。タブレット用のeBookにも同様の内容が掲載されているようですが、非常に重く実用に耐え難い製品のようなのでこれもまた注意が必要です。

付属のCD-ROMには追加の問題やゲームなどが収録されていますので、本書に載っているだけでは足りないという方は試してみてもよいかもしれません。

本書を仕上げれば、「Advanced」は必要ないと思います。また、TOEIC500点以下の方が「Essential」や「Basic」」で独学することはあまりお勧めしません。全て英語ですので、かえって非効率だと思います。まずは日本語で書かれた文法書(本書の日本語版、もしくは総合英語フォレスト等)で基本を学習しましょう。

 

英会話自主トレーニング方法は こちら で。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。

英会話は自主トレが MUST。ETN のネイティブ&日本人トレーナーと共に着実に。English Tutors Network

www.etn.co.jp

English Tutors Network サイト

「English Grammar in Use」の内容と使い方」への1件のフィードバック

  1. 市川 昇

    eBookが使えないという投書が多く私も使えません。「Essential Grammar in Use ebookを起動させる設定方法」 これだけ多くの人が問題になっているのであれば、販売者は責任を取るべきです。
    cd を無料で配布とか。私も頑張ったのですが無理でした。
    CDもw7で起動するか、「起動した方もいる」、コメントが有りました。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です