そもそもなんで文法の学習が必要なの!?

文法。皆さん嫌いですよね。なんで文法なんて勉強しなければならないのでしょうか?

文法がないと英語を身につけることは大変なんです!

文法とは、単語の変化や活用、そしてその並べ方などの言語の規則性のことをいいます。簡単にいうと「ことばのルール」です。文法の本来の目的は、そのルールを理解することで、その言語の習得を出来るだけ簡単にすることなんです。

「英語を習得するのに文法の学習は必要ない」と言う人がたまにいます。それはある意味正当な意見だと思っています。なぜなら、文法を学習しなくても、英語の習得は不可能ではないから。ただ、非常に非効率なだけです。

単純な例ですが、“You play”なのに“He plays”、“Tom plays” なのに、“Tom and Jerry play”です。三人称単数現在の場合は、一般動詞に“s”が付くルールを知らなければ、Youの場合、Heの場合、Tomの場合、Tom and Jerryの場合など、いちいち全ての場合に“s”が付くかどうかを覚えなければなりません。これは非常に非効率ですよね。誰にでもわかります。

文法は英語の習得を手助けしてくれる!でも難解なものは無視!

受験英語と違って、説明を読んでも理解できない難解な文法は無視した方が効率的な場合もあります。

言語学者のなかで文法を研究している学者の人たちは、言語のルールを発見することが仕事の一つです。その本来の目的は、そのルールを理解することで、その言語の習得を楽にすることですが、その文法が「学問」になってしまうと、その本来の目的から離れて、文法のための文法、つまり、言語を習得するためにはあまり重要ではない、または役に立たない文法がでてくるんです。そのような文法はたいてい難解なものが多いです。

ルール(文法)を学習することは、英語を習得する近道なことは間違いないです。でもあまり難解なものを理解・覚えようとすることは、無駄になる確率が高いんです。その場合は、その文法は無視して例文を覚えた方が効率的だと思います。

子どもが文法の学習をしなくてもことばを覚えるのは、大人と脳の性質が違うため。

これは以前書きましたよね。興味がある人はこちらを読んでみてください。結論だけいうと、子どもの脳は丸暗記が得意なので文法の様なルールも自然と身に付きますが、大人の脳は丸暗記が苦手な代わりに、理屈を覚えることが得意になります。つまり大人は文法を学習する必要があり、その能力も高いと言うことです。By 脳科学入門。

次回は発音!

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)  

無駄な学習をしていませんか?科学的根拠に基づいた効率的で正しい学習方法で、レッスンと自主学習をフルサポート。English Tutors Network

www.etn.co.jp 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>