名言:Henry Ford(米フォード創業者)

innovation

日本語訳例:

「もし人々に何がほしいかと聞いていたら、彼らはもっと速い馬がほしいと答えていただろう。- ヘンリー・フォード」

仮定法過去完了ですね。「実際にはしていないけど、していたら、〜していただろう」ですよね。仮定法過去完了はこの名言で覚えてしまいましょう。

意訳例:

「イノベーションは、顧客の要望からは生まれない。」

直訳だと何が言いたいのかわからなくないですか?何を言いたいのかを理解するには、Henry Ford が何者かを理解する必要がありますよね。そう、アメリカの自動車メーカーのフォードの創設者ですよね。つまり、その時存在しない自動車というものを作り出すには、人々の要望をそのまま聞いているだけでダメだと言うことでしょうか。

英語を理解すると言うことは時代背景や文化・常識を理解するということ

この Henry Ford のことばの様に、英語の字面だけを理解しても、本当に意味することが見えない場合が多々ありますよね。つまり、英語を理解するには、英語という言葉を理解するだけではなく、その英語を話している(書いている)人の、文化的な背景や常識を理解する必要があることがわかりますね。

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)  

目指すは世界標準のビジネス英会話力。ETN がサポートします。 English Tutors Network

www.etn.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>