中学・高校の英語の授業がダメな最大の理由

「中学・高校で6年間も英語を勉強しているのに、日本人は英語が話せないのはおかしい。やり方が間違っているに違いない。」とよく言われます。こう言う人は半分間違っていて、半分正しいと思っています。

中学・高校での英語の授業では圧倒的に時間が足りない!

これは以前書きましたね。くわしくはこちらを参照してください。簡単にいうと、世界の色々な統計を調べてみると、日本人(中学生以上の大人)が日常生活に支障のない程度の英語力を習得するには、最低でも全部で3,000時間程度の学習が必要だということが分かります。

一方で、日本の中学・高校での英語の授業はトータルで780時間程度です。授業時間と同じ程度を予習・復習にあてたとしても1,500〜1,600時間にしかなりません。圧倒的に時間が足りないことがわかりますよね。とすると、「中学・高校で6年間も英語を勉強しているのに、日本人は英語が話せないのはおかしい。やり方が間違っているに違いない。」という意見のどこがおかしいか分かりますよね。

正しい部分は「やり方が間違っている。」というところです。

中学・高校の英語の授業については色々な意見があると思います。でも一番ダメなところは、日本語に訳すことをメインとしているところだと思います。

仕事がら英語と日本語のピュアなバイリンガルに多く会う機会があります。その人たちが口を合わせて言うのは、英語を話す時と日本語を話す時は頭の使い方が違うことです。そして、例えば日本語で話した事をすぐに英語で話すのは苦手な人が多いという事です。ちなみに、ピュアなバイリンガルというのは、どちらか一方の言語を大人になってから努力して身につけた方ではなく、幼少の頃の環境でバイリンガルになった人を指しています。

ピュアなバイリンガルでも英語と日本語を行ったり来たりすることは苦手!?

何が言いたいかというと、バイリンガルの人たちは、頭の中で日本語と英語の間を行ったり来たりはしていないという事です。日本語で話すときは、日本語を日本語のまま理解し、日本語で考え、その考えたことをそのまま日本語で話す。英語で話すときは、英語を英語のまま理解し、英語で考え、その考えたことをそのまま英語で話すんです。そしてバイリンガルに人たちですら、日本語を英語(またはその逆)にすぐ変換することは苦手な人が多いと言う事実です。

日本語と英語を行ったり来たりする能力をつけることが目標ではない!

通訳や翻訳を職業としている方々は確かに、日本語を英語にする作業(またはその逆の作業)を頭の中でする必要が出てきます。でも、英語を学習している人の全員が通訳・翻訳を職業とする訳ではありません。我々の目標は、英語でコミュニケーションできる様になる事です。なので、英語を日本語にする(またはその逆)作業をできる様にする必要なんてないんです!英語を英語のまま理解し、英語で考え、その考えたことをそのまま英語で話すことが目標なんです。

今(少なくても私が中学・高校の頃)の英語の授業は、日本語と英語の間を行ったり来たりする能力を鍛えているんです。これはまるで全ての生徒を翻訳家に育てているようなものです。翻訳や通訳の方々は必要ないと言っているのではありません。ただ翻訳や通訳の方々には、日本語と英語を行ったり来たりする、ある意味「特殊な能力」が必要な職業であるということです。

では、どうすればいいの?このブログを読んで頂いている方にはもう分かるはずです。

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)  

英語学習はもっと科学的に。費用対効果重視のビジネスパーソン限定。 English Tutors Network

www.etn.co.jp

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です