イギリス英語なら BBC Learning English!

以前アメリカ英語なら Voice of America を活用しながら流暢さを向上(自動化)することをお勧めしました。今回は、イギリス英語ならというサイト「BBC Learning English」という英語学習サイトをご紹介したいと思います。先ずはどのようなサイトなのか見ていきましょう。(2017年1月15日更新)

英会話ETNトレーニング法まとめサイトは こちら

「BBC Learning English」

http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/

BBC Learning English

サイトの内容は以下の通りです。

  • イギリスの公共放送局BBCのサイト内にある、英語を母国語としない人向けのイギリス英語学習コーナー。British Englishで、レベル別のレッスンコースの他、大学生活やビジネスでの英語、ドラマ仕立ての動画、時事問題やニュースを題材にした音源・動画、British Englishの発音説明、スラングやイディオムの説明など、さまざまなコンテンツが提供されている。
  • 音源のスクリプトも全て提供されている。音源のスピートはほぼナチュラル。音源のダウンロードも可能。ポッドキャストでも一部が聴取可能(ポッドキャストではスクリプトは提供されていないが、音源のスピードを変えることが可能(×0.5, 1, 1.5, 2))。

少々わかりにくい構成になっているのが残念!

British Englishを習いたい人にはうってつけのサイト。様々なコンテンツが提供されており、使い方次第では英語力の向上に非常に役立つサイトです。しかしながら、少々わかりにくい構成になっているのが残念。英語学習者にとって、何が自分の英語学習によいのかを把握するだけでも大変です。

お勧めのコンテンツは、①「English at Work」②「6 Minute English」③「The English We Speak」の3つ。

全てスクリプトをPDFで見られます。音源は全てダウンロード可能(②と③はポッドキャストもあります)。音源のスピードはほぼナチュラルです。①はビジネス英語をドラマ仕立てで学べ、②は時事問題や英国内の話題などと題材にした会話形式で学べます。③は日常会話を会話形式で学べます。

上記3つの他にもシェイクスピアを題材にした動画「Shakespeare Speaks」や、英国への留学生向けの動画「English at University」なども楽しく英語を学べるのでオススメです。また、British English の発音を学びたいのであれば「Pronunciation」です。ここではそれぞれの発音記号を詳細に説明しています。

レベル別のレッスンコースは「Lower Intermediate」「Intermediate」「Upper Intermediate」「Toward Advanced」の4つに分かれていて、各々1週間5回で30週分(全150回分)のセッションが提供されています。各セッション2分半程度の動画を見て学習します。こちらもオススメですので継続してやってみてください。

何度も聞いて、音読、リピーティング・シャドーイングが効果的!

学習方法については、スクリプトを見ないで何度か聞いた後、スクリプトを見て、意味や文の構造を確認しながら聞き取れなかったところを重点的に何度も聞く事、そして音読、リピーティング、オーバーラッピング、シャドーイング等を繰り返す事により、リスニング、語彙や文法理解の自動化、そして発音の自動化の促進も期待できます。

一方で、スクリプトを読んで、最低でも80%以上の語彙・文法構造が理解できないと上記の方法で練習しても効果は限られます。そのような方はまず基礎を固めてからの方がよいでしょう。しかしながら、やっても全く無駄だと言っているわけではありません。興味が引かれるものがあれば是非何度も繰り返し聞いてみてください。

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)

無駄な学習をしていませんか?科学的根拠に基づいた効率的で正しい学習方法で、レッスンと自主学習をフルサポート。English Tutors Network

www.etn.co.jp

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>