英語を習得するために必要な総学習時間 #3

このブログを始めてまだ1ヶ月ちょっとですが、昨日投稿した記事にはじめてコメントを頂きました!それも2つも!なんか嬉しいですね。で、本題です。過去2回の投稿で、英語を習得するために必要な学習時間について書きましたが、下記の表がそのまとめです。

中学・高校での英語学習時間では圧倒的に足りない!

英語習得必要時間まとめ1

英語習得必要時間まとめ2

単純に学習時間だけを見た場合、英語習得には最低でも3,000時間の学習が必要

この表からは、英語を習得するには最低でも3,000時間は必要だということが見えてきませんか?「最低でも」です。前回書きましたが、中学・高校での英語学習時間は、自主学習を含めてもせいぜい1,500〜1,600時間です。これでは英語を使えるようになるはずがないと思いませんか?

高校を卒業してから全く英語に触れていない人であれば、「最低でも」あと1,500時間は必要という事になります。ここでは学習方法については全く無視しています。あくまで学習時間だけを見た場合です。

1,500時間とは、1回40分の英会話スクールに週2回通うだけの場合、21年以上かかるという事。

1,500時間を確保することは大変です。1日1時間確保できても1年で365時間ですから、4年以上かかります。。。オンライン英会話で1回40分を週2回、英語に触れる機会を確保しても、それだけの場合は21年以上かかります。。。。

今英語を学習されている方は絶望を感じているのではないでしょうか?でも、英語なんてただの「ことば」ですよ。人間の脳にとっては、複数の言語を操ることは決して難しいことではないはずです。事実国境が入り乱れているヨーロッパの国々では、3、4カ国語を操れる人はざらですよね。ただ、時間がかかるという事はある程度覚悟しなければならないという事ではないでしょうか。

効率的な学習方法で可能な限り学習時間を短縮しましょう!

一方で、効率的に学習することによって、この学習時間をある程度短縮することも可能でしょう。実際私が英語を学習していた頃と比べて、現在では神経科学(脳科学)や認知心理学などを応用した学習方法の研究や、第二言語習得に関する研究も進んでいます。市販されている教材もこれらの研究に基づいたものが数多く販売されており、英語をより効率的に学習する環境は格段に整ってきていると思います。

逆に、非効率な学習方法の場合は当然これ以上の時間がかかる場合もあるという事ですね。たかが英語です。ビジネスパーソンは、英語以外にやらなければならない事は多くあるはずです。可能な限り効率的で効果的な学習方法で、学習時間を短縮することを考えましょう。

今回はこの辺で。次回からは、効率的な学習方法について調べた結果の詳細を書き始める予定ですが、どこから始めるのかまだ決めていません。また読んで頂けると嬉しいです。ETNのサイトもよろしく!(www.etn.co.jp

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)  

英語習得には自主学習がMUST。レッスンと自主学習の両方を、日本人とネイティブ2人のTutorによるフルサポートの English Tutors Network

English Tutors Network サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です