大人の脳の性質を理解して効率的に英語習得!

今回はまた脳科学です!脳の性質を理解すれば効率的に英語を習得できます。以前も紹介した記憶がありますが、本当に重要だからもう一回紹介しますね。

効率的に記憶するために先ずは細かいことは気にせず全体像を把握しろ!

人間の脳の性質の一つとして、学習の手順をきちんと踏めば、より早く覚えられるということが脳科学研究でいわれています。学習手順には慎重に気を配った方が賢明ということです。いきなり高度なことに手を出すよりも、基礎を身につけてから少しづつ難易度を上げていった方が、結果的には早く習得できる脳の性質を活用しましょう。

一般にものを習得するときには、まずは大局理解しておくことが大切ということ。始めは細部を気にせず、おおまかに理解し、細かいことは、その後で少しづつ覚えていくこと。特に英語の文法を学習する際などに応用できますよね。

努力と成果は累乗関係にあるので最初の我慢が肝心!

脳科学から、学習の効果は幾何級数的なカーブを描くことが分かっているそうです。学習の目標を1000とした場合、学習を始めた時点を1とすると、2、4、8、16、32、64と累積効果を示していくとのこと。この時点では1000までは程遠いと思うかもしれないが、128、256、512とくればもう一息で1024になりますよね。

このような成長パターンを示すのが脳の性質ということです。つまり、英語の習得でもっとも大事なことは、(特に学習初期段階での)努力の継続です。努力と成果は比例関係ではなく累乗関係にあるから、すぐに成果が現れないからといってすぐに諦めてはいけません。

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)  

個々の講師の能力に依存した不確実な英語研修から、自己学習をメインとしたカリキュラムと科学的根拠を基とした確実・着実な英語習得トータルサポートへ。English Tutors Network

www.etn.co.jp

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です