記憶には寝る前15分と6時間以上の睡眠!

前回に続いて、英語を学習するにあたって効率的に記憶する方法を脳科学入門からご紹介したいと思います。

何か新しいことを覚えた日に6時間以上眠るとその記憶が脳に定着しやすい!

アメリカのハーバード大学の精神医学者であるロバート・スティックゴールド氏は、2000年に発行された認知神経科学雑誌に、何か新しい知識や技法を身につけるためには、覚えたその日に6時間以上眠ることが欠かせないという研究結果を発表したそうです。また、一睡もせずに詰め込んだ記憶は、情報の貯蔵庫である側頭葉に刻み込まれることなく数日のうちに消えてしまうということも指摘していたそうです。

寝る前15分は記憶のゴールデンタイム!

更に、脳は睡眠の直前に取り込んだ情報を中心に処理するため、15分でもいいので、寝る直前に学習時間を確保するのが最も効率的だと東京大学大学院の池谷准教授が指摘しています。

医学博士で脳神経外科専門医の築山節氏は、夜の学習はざっと中途半端にやって、寝ている間の脳の整理力を活用し、睡眠時間を十分にとり、起きてから整理・熟考することが合理的だと指摘しています。これは、前回ご紹介したことと関連していますね。

築山氏は、夜は特に単語を覚えることなどは有効であるといいます。毎日寝る直前15分間に記憶したい重要なことを学習し、6時間以上寝る習慣をつけたいものですね。

来週も引き続き、英語学習に効果的な記憶の方法について!

今日はまたスキー場の宿でこの投稿を書いています。今日は東京都主催のポイントレースで明日は国体予選。残念ながら年末に痛めた右肩が完治せず不参加。。。参加しても国体に出れる実力はないので、あんまり関係ないですが。また読んでください。

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)

英語学習はもっと科学的に。費用対効果重視のビジネスパーソン限定。 English Tutors Network

English Tutors Network サイト

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です