英語学習はあるとき爆発的に効果が現れる !?

今回は、英語を学習するにあたって、特に初級者の方々が知っておいた方が良いことについて書きます。それは、学習とその効果の現れ方についてです。

学習初期の段階では、効果が現れないからといってすぐに諦めないこと!

脳の研究から、学習の効果は、幾何級数的なカーブを描くことがわかっているそうです。簡単に言うと、学習の目標を1000とした場合、学習を始めた時点を1とすると、2、4、8、16、32、64と累積効果を示していくそうです。

この「64」の時点では1000まではまだまだ程遠いと思いますよね。でも、次は128、256となっていき、512となると、あともう一息で1024です。このような成長パターンを示すのが脳の性質だと前出の池谷準教授は指摘しています。

ということは、英語などの物事の習得でもっとも大事なことは、特に学習初期段階での努力の継続であることがわかりますよね。努力と成果は比例関係ではなく累乗関係にありますから、特に学習の初期の段階では、成果が現れないからといってすぐに諦めてはいけないということです。最初は我慢が必要のようです。

学習とその効果について図にしてみると「S字」に。

下の図を見てください。上で説明したように、学習初期の段階では、その効果はゆっくりとしか現れませんが(Slow beginning=ゆっくりとした開始)、通常、ある時突然速度を増して効果が出始めます(Steep acceleration=急激な加速)。しかし、ある時点に達してからは、いくら学習しても効果があまり現れなくなります(Plateau=あたまうち)。

学習曲線?

学習時間とTOEIC®の点数の上昇も同じこと。最初我慢すれば突然上昇する!

下の図は、英語の学習時間とTOEIC®の点数の推移をイメージした図です。学習の方法を間違えなければ、基礎から積み上げて学習した場合、通常このような推移を示すと考えられます。

一般的にいって、学習初期の段階では、通常いくら学習してもあまりTOEIC®の点数は上昇しません。しかし、500〜600点に達したころから急激に上昇し始めることが多くの学習者に見られます。そして、800〜900点を超えたくらいから学習してもあまり点数が上昇しなくなります。

学習曲線?

当然、点数の上昇の仕方や時期は、学習方法や個々の能力によってばらつきはあります。注意しなければならないことは、基礎をあまり固めなかった場合、急激に上昇したけれど650点程度で止まってしまったり、そもそも急激に上昇しない場合があるということです。

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)  

無駄な学習をしていませんか?科学的根拠に基づいた効率的で正しい学習方法で、レッスンと自主学習をフルサポート。ETN

www.etn.co.jp 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>