英語は見て覚えるより聞いて覚えろ!?

皆さん、英語の学習は覚えることが多くありますが、どうやって覚えてますか?電車の中で繰り返し単語帳を見たり、TOEICの問題の例文を何度も読んだり、文法書を何度も読んだりと、目で覚えようとしていませんか?実は、目で見て(読んで)覚えることは効率が良くないんです!

目の記憶より耳の記憶のほうが心に残る。

脳科学の専門家である東京大学大学院の池谷准教授は「進化の過程で動物は目よりも耳を良く活用してきたので、耳の記憶は目の記憶よりも強く心によく残る。」と指摘しています。そうです、目で見て(読んで)覚えるよりも、聞いて覚えた方がよく記憶できるんです。

でもこれって、脳科学うんぬんと言われなくても、なんとなく経験で「そうだろうな。」と思いませんでしたか?同じ内容でも、教科書を自分で読むより授業で聞いたことの方がよく覚えてますよね。本で読むより、講演会で聞いた方がよく記憶していますよね。

英語は聞いて覚えよう!

聞いて覚えることのもう一つのメリットは、何かをしながらでも可能なことです。歩きながら、車を運転しながら、満員電車の中など、本を見ることは難しいかもしれませんが聞くことはできます。

英語を習得するには、どうしてもある程度の時間が必要です(どれくらいの時間が必要なのか知りたい人は「英語を習得するために必要な総学習時間 #2」を読んでみてください)。できるだけ「ながら時間」を活用して効率的に学習したいものですね。

次回は第二言語習得研究から効率的な英語の学習方法についてご紹介します。

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)

無駄な学習をしていませんか?科学的根拠に基づいた効率的で正しい学習方法で、レッスンと自主学習をフルサポート。 English Tutors Network

English Tutors Network サイト

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です