英語習得のための効率的復習法!?

人間の脳は、1日経つと覚えようとした事の半分以上は忘れてしまいます。着実に記憶するにはどのようにすればよいのでしょうか?脳科学の入門的な知識から効率的な記憶法をご紹介したいと思います。

1ヶ月のうちに数回復習すること!

脳科学研究から、記憶の一時的な保管場所である脳内にある海馬は、長くて1ヶ月程度しかその記憶を保管しないそうです。海馬がその記憶を保管しているその1ヶ月のうちに、覚えたい情報を数回海馬に送信すれば、海馬はその情報を「必要」な情報と判断し、その後、長期的に記憶を保存する側頭葉に「これを記憶せよ」と指示し、側頭葉に保存されるとのことです。

英語を習得するには多くのことを記憶する必要があります。多くのことを記憶するには何度も何度も繰り返すことが重要と言う事です。やりっ放しは時間の無駄!

1週間以内に1回目の復習、その後徐々に間隔を開けて2ヶ月間に数回復習すること!

ドイツの心理学者エビングハウスの実験(エビングハウスの忘却曲線)を考慮にいれると、科学的にもっとも能率的な復習スケジュールは、まず1週間以内に一回目、次にこの復習から二週間後に二回目、そして最後に二回目の復習から一ヶ月後に三回目と、一回の学習と三回の復習を少しづつ間隔を広くしながら二ヶ月かけて行えば、海馬はその情報を必要の情報を判断してくれるといわれている。

英語は記憶することが多いので、これを厳密にフォローすることはほとんど不可能だと思います。しかしながら、最低でも1週間以内に1回、その後も2ヶ月以内に数回復習する習慣をつけましょう。

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)  

個々の講師の能力に依存した不確実な英語研修から、自己学習をメインとしたカリキュラムと科学的根拠を基とした確実・着実な英語習得トータルサポートへ。English Tutors Network

www.etn.co.jp

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>