音読で英語の流暢さ向上! 方法は?

音読は英語の流暢さの向上(自動化)にとても有効だということを以前紹介しました。詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。それでは、音読はどの様に行なえば効率的なのでしょうか。関西学院大学・大学院教授の門田氏の研究や “同時通訳の神様”として知られる國弘氏などのご意見などを総合した音読の方法をご紹介しましょう。

効率的音読の6つのステップ

下記の①から⑥を数回ずつ順番に行いましょう。なお、何れの場合も、文章の前から、意味のかたまりごとに理解しながら読むことが重要です。後ろから訳し戻る癖から抜け出せない限り、流暢さの向上は期待できないからです。

① CD(音声)を聞く

英文を見ないで、内容(語彙の意味)や文の構造(文法や構文)を理解(しようと)しながらCD(音声)を聞く。

② 黙読

内容や文の構造を理解しながら、声を出さずに読む。わからないところがあれば確認する。

③ CD(音声)を聞きながら黙読

CDの音声のペースについていきながら、内容や文の構造を理解しながら文章を目で追う。

④ CD(音声)を聞きながら音読

CDで1文を聞いたらCDを止めて、内容や文の構造を理解しながら1文ずつ音読する。

⑤ 音読

内容や文の構造を理解しながら、全文を最初から声を出して読む。

⑥ パラレル・リーディング(Parallel Reading)

CDの音声に合わせて、内容や文の構造を理解しながら、一緒に声を出して読む。

⑦ リップシンク(Lip Synch)

(声が出せない場所では) CDの音声に合わせて、声を出さずに口だけを動かしながら、内容や文の構造を理解しながら文章を目で追う。

とにかく繰り返すこと!

尚、門田氏、國弘氏、そしてその他の言語学者も繰り返すことの重要性を強調しています。①〜⑥をたった一回やったところで効果はほとんどありません。暗唱できるくらいまで繰り返しましょう!

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)

英会話は自主トレが MUST。ETN のネイティブ&日本人トレーナーと共に着実に。 English Tutors Network

www.etn.co.jp

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です