Business Schoolで最初に習うParadigm Shiftとは?

life

日本語訳:

「人生すべて物事をどの様に見るかだ。」

この男性は正面を向いていますか?横を向いていますか?

見方や考え方などが従来のものから別のものに置き換えられる重大な変化を?“Paradigm Shift”(パラダイムシフト)と言うそうです。正面を向いているとしか見えなかった人が、実は横顔にも見えるということをわかることが、Paradigm Shift です。

Paradigm Shift は London Business School で最初に習う概念でした

この Paradigm Shift という概念は、私が1997年から2年間通っていた London Business School の最初のオリエンテーションか何かで、最初に教わったことでした。実は私は「7つの習慣」という本で、既にこの概念は知っていましたが。今ではかなり一般的な知識になっていますが、当時はまだ新しかったですね。

Business School でこのことを一番最初に教える理由は簡単です。自分の見方・考え方が全て正しい訳ではないと言うことを強調するためです。当時も今もBusiness School ではグループワークが基本です。それはグループワークによるシナジー(相乗効果)を期待しているからです。グループワークでは他人の考え方を尊重しなければシナジーは期待できません。自分の見方・考え方が絶対に正しいんだと思っている限りシナジーは期待できないということです。

特にヨーロッパNo.1のビジネススクールでMBAの取得を目指す様な人たちは、(私を除いて)エリート意識が高く、自分の考え方が絶対だと思っている人ばかりですからね。

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)

目指すは世界標準のビジネス英会話力。ETN がサポートします。 English Tutors Network

www.etn.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>