発音記号 / ɑːr /

発音記号を知っていれば、実際に音声を聞いたり、口元を見たりしなくても、正解な発音、そして喉・舌・唇の動かし方がわかります。英単語を覚えるときは発音記号を意識しましょう!

英語は日本語に比べて母音と子音の数が多いため、発音記号を知らなければ、日本人は英語の正確な発音を文字に書き表すことができません。また、発音記号を知らなければ、実際に発音の仕方を見て、口の動かし方を教えてもらわなければ正確には発音できません。発音記号を知ることは、その後の学習を効率的にしてくれます。

英語の発音まとめサイト「英語の発音 by ETN」をオープンしました。(2016年9月11日追記)

発音記号 / ɑːr /

発音方法・注意事項

* 日本語の「ア」よりも縦に口を大きく開け、喉の奥の方から「アー」と長めに発音し、つづけて /r/ は、舌を上アゴに触れない様に奥に丸めて、付け足す様に発音する。/:/の印は長く引っ張って発音する。

* イギリス英語では /r/ を発音せず /ɑː/ となる。(例えば arch /ɑ́ːtʃ/ )

* 綴りは「ar」「are」「ear」などで表される。

単語の例

  • are   /ɑ́ːr/
  • car   /kɑ́ːr/
  • far   /fɑ́ːr/
  • arm   /ɑ́ːrm/
  • park   /pɑ́ːrk/
  • garbage   /gɑ́ːrbidʒ/
  • heart   /hɑ́ːrt/
  • artist   /ɑ́ːrtist/
  • target   /tɑ́ːrgət/      
  • large  /lɑ́ːrdʒ/

* 一般的に、英語には24の母音と子音があります。日本語の母音は5、子音は16[1]あるといわれていおり、圧倒的に英語の方が多い。

* 尚、「’」はストレス(アクセント)の位置を表します。発音記号は記述がない限りアメリカ英語を掲載しています。

もっと詳しくしりたい方は、ETNの発音まとめサイトで!(2016年9月11日追記)

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)  

目標は「自分の言いたいことを自由に表現できる会話力。」by English Tutors Network

www.etn.co.jp

 

 


[1] 日本の言語学者の金田一春彦氏による。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です