発音記号 / ɔ /:1つ目の「オ」

発音記号を知っていれば、実際に音声を聞いたり、口元を見たりしなくても、正解な発音、そして喉・舌・唇の動かし方がわかります。英単語を覚えるときは発音記号を意識しましょう!

英語は日本語に比べて母音と子音の数が多いため、発音記号を知らなければ、日本人は英語の正確な発音を文字に書き表すことができません。また、発音記号を知らなければ、実際に発音の仕方を見て、口の動かし方を教えてもらわなければ正確には発音できません。発音記号を知ることは、その後の学習を効率的にしてくれます。

英語の発音まとめサイト「英語の発音 by ETN」をオープンしました。(2016年9月11日追記)

発音記号 / ɔ /

発音方法・注意事項

* 日本語の「オ」よりも口を縦に大きくあけ、唇をまるくして前に出すようにし、日本語の「オ」と「ア」の中間の音を、やや伸ばして「オー」と発音する。

* アメリカ英語で /ɑ́/ と発音するものは、イギリス英語で /ɔ́/ と発音する場合が多い。例えば not /nɑ́t/、stop /stɑ́p/、knock /nɑ́k/ などは、イギリスでは /nɔ́t/ /stɔ́p/ /nɔ́k/ と発音する。( /ɑ/ を参照。)

* 綴りは「o」で表すことが多いが、「cough」など「ou」で表すことがある。

単語の例

  • off   / ɔ́(ː)f /
  • dog   / dɔ́(ː)g /
  • cough   / kɔ́(ː)f /
  • soft   / sɔ́(ː)ft /
  • loft   / lɔ́(ː)ft /
  • cost   / kɔ́(ː)st /
  • loss   / lɔ́(ː)s /
  • toss   / tɔ́(ː)s /
  • long   / lɔ́(ː)ŋ /  song  / sɔ́(ː)ŋ /

* 一般的に、英語には24の母音と子音があります。日本語の母音は5、子音は16[1]あるといわれていおり、圧倒的に英語の方が多い。

* 尚、「’」はストレス(アクセント)の位置を表します。発音記号は記述がない限りアメリカ英語を掲載しています。

もっと詳しくしりたい方は、ETNの発音まとめサイトで!(2016年9月11日追記)

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)  

目標は「自分の言いたいことを自由に表現できる会話力。」by English Tutors Network

www.etn.co.jp

 

 


[1] 日本の言語学者の金田一春彦氏による。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です