日本人の英語の発音が通じない理由 #1

日本人にとって英語の発音って難しいですよね。なぜでしょう?それは、英語には日本語にはない発音が多いことが理由だそうです。

英語は日本語に比べて母音も子音も圧倒的に数が多い!

英語は日本語に比べて、子音も母音も発音数が多く存在するそうです。一般的に、英語の子音は24あるといわれているのに対し日本語は16、母音は英語20に対し日本語5と言われているそうです(色々な説があるそうですが)。英語の方が圧倒的に発音数が多いことがわかりますよね。

例えば日本人が苦手な発音の代表格である「L」と「R」や、「Si」と「Shi」など、日本語では区別が出来ない子音が多くあります。また、「but」と「bat」は日本語では両方「バット」ですが、英語では全く違う母音です。「hate」や「kite」、「cake」などは日本語には無い二重母音であり、母音も日本語よりも多く存在します。

英語には子音だけのことばもある!

更に、英語には「無母音声」というものがあります。これは子音だけで作られる音で、日本語にはありません。例えば、「cry」は、日本語では、「ク・ラ・イ」と全てに母音が入りますが、英語では子音の連続です。

英語は日本語にない発音が多いので日本人にはきびしい・・・

母国語で使われない音は、母国語の似た発音に引き込まれる現象を「マグネット効果」というそうですが、日本語を母国語とする私たちは、「L」と「R」は両方とも日本語の「ラリルレロ」、「Si」と「Shi」は両方とも「シ」、「cry」は「ク・ラ・イ」と全て母音が入ってしまいます。英語は日本語には無い発音が多いため、日本人には正確に発音することが難しいのです・・・。

ではどうしたらいいのでしょう?解決策はあります。でもまた今度。

次回は、日本人の英語の発音が通じない理由について更に追求します。

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)  

英語学習にもっとビジネス感覚を。費用対効果重視のビジネスパーソン限定。 English Tutors Network

www.etn.co.jp

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>