音読・リピーティング・シャドーイング・多聴・多読は万能?!

音読やリピーティング、シャドーイング、そして多読・多聴は、流暢さだけではなく、語彙や文法、更に発音の習得にも有効です。例えば、簡単な本を多く読む多読は、新しい語彙や文法項目の習得にも有効だということが第二言語習得研究から言われています(詳しくはこちら)。また、リピーティング・シャドーイングは、発音矯正やリスニング強化にもつながります。

「読む・聞く・書く・話す」を同時に強化する方が効率的なことと同じ!

つまり、それぞれの能力を伸ばすことは、他の能力を伸ばすことにもつながります。これは、「読む・聞く・書く・話す」ことを同時に強化することの方が、それぞれを個別に強化していくより効率的だということと同じです。自分で発音できない音は聞き取れません。書くことを強化すると話す流暢さも向上します。話す流暢さが向上すると読む流暢さも向上します。

ジムでマシンを使用する時に鍛える筋肉を意識することと同じ!

また、音読やリピーティング、シャドーイング、そして多読・多聴などを行なう時に重要なことは、何のためにその練習をするのかを理解しながらやることです。

トレーニングジムで筋力トレーニングをする際、色々な筋肉を鍛えるためにマシンを使ったりしながら様々な方法でトレーニングをしますが、それぞれのトレーニングがどの筋肉を鍛えるものなのかを理解して、その筋肉に意識を集中してトレーニングすると、効果の現れ方が全く違うそうです。

英語の学習も同じだと思います。音読にしろシャドーイングにしろ、なぜそれをやるのかを理解してやるのと、理解しないでやるのとでは、モーティベーションも違ってきますし、効果も違ってくると思います。

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)  

TOEIC特化の学習は非効率。話せるTOEIC高得点を効率的に目指すなら English Tutors Network

www.etn.co.jp

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>