英会話スクールの問題点

英会話スクールの大手を中心に9つ体験レッスンしてきましたが、そのレッスン方法は似たり寄ったりというか、大体同じでした。ディスカッションを通して間違いを直してもらったり、その日習うことになっている定型表現を教えてもらってロールプレイで練習する。それだけです。

語彙や文法の説明はない(というかできない)。予習復習も必要ない(まじめにやっている方もいらっしゃると思いますが)。今流行のオンライン英会話の体験レッスンはやっていないのであくまで推測ですが、英会話スクールと大体同じではないでしょうか?

英会話スクール(オンラインも含む)だけの英語学習の4つの問題点

考えられる問題点を上げてみようと思います。

問題 ①:自由なディスカッションを通して間違った表現をその場その場で直してもらっても、すぐ忘れてしまうのではないでしょうか。語彙や文法も理解せずに丸暗記することは、大人の脳には酷なことなので。これは脳科学入門で指摘されていた事でしたよね。

問題 ②:語彙や文法を基礎から学ばずに話すことを強要されると、講師に修正される前の、自分で苦労して創作した語彙も文法もめちゃくちゃな英語が強烈な印象をもって脳に刻み込まれます。たとえその後に講師に直してもらったとしてもです。これは第二言語習得研究から指摘されている事でしたよね。

問題 ③:語彙や文法の詳細を理解せずにただ定型表現を覚える(暗記する)というのは、「聞き流すだけ」教材となんにも変わらないですよね。丸暗記が苦手な大人に脳には非常に非効率な学習方法です。?これも脳科学入門で指摘されていた事でしたよね。

問題 ④:40分のレッスンを週2回、1年通ったとしてもトータルで70時間にもなりません(他に何もしていない場合)。これはまた後日詳細を書きますが、ETNの調査では、英語をある程度自由に使えるようになるには、少なくとも3,000時間の学習が必要であるという事がわかってきました。中学と高校で結構英語を頑張って勉強した人でもトータルで1,500時間程度です。高校卒業以来英語に触れていなければ、単純に時間だけを考えると、1年70時間では残りの1,500時間を消化するには20年以上かかります。。。

英会話スクールやオンライン英会話を全否定はしません。ただそれだけでは無理です。

誤解しないで頂きたいのは、英会話スクールやオンライン英会話を全否定するわけではありません。英会話スクールやオンライン英会話 “だけ” では不可能だといっているだけです。では、英会話スクールなりオンライン英会話を活用しながら英語力をあげるにはどうしたらいいのか。については「効率的な学習方法」のカテゴリーで書きます。

今回はこの辺にします。来週は、ビジネスパーソンの英語学習法の現状について調べた結果を報告します。また読んでいただけると嬉しいです。また、最新の英語習得方法については、ETNのウェブサイトでも詳しく説明していますので是非。(www.etn.co.jp

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)  

英会話スクールだけでは身に付きません。レッスンと自主学習のトータルサポートで着実・確実に。English Tutors Network

English Tutors Network サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です