第二言語習得研究からみた英語習得法 #1

第二言語習得研究の分野では、多くの本から多くのことを教えてもらいました。全てをご紹介することは無理なので、ここでは米ピッツバーグ大学言語学科教授の白井恭弘氏の「外国語学習の科学」(岩波新書)のなかからの「目から鱗」をご紹介したいと思います。

第二言語習得研究からの目から鱗 #1

  1. テレビからは言語習得ができない。両親が聴覚障害でことばが話せず、主にテレビから言語を習得した三歳九ヶ月の子どもがケースワーカーに発見されたのですが、その子に話させると文法的にかなり不自然だったといいます。また、生後九ヶ月の英語習得中のアメリカ人の子どもに合計5時間中国語を聞かせたところ、生身の人間が聞かせた子どもは英語にはない中国語の音声を聞き分ける能力が身についたということを示したのですが、ビデオで聞かせた子どもは全く身につかなかったということです。
  2. 受容的バイリンガル:たとえば日系アメリカ人の場合で親が子どもに日本語で話すようにしても、子どもは学校等で英語が主要な言語になってしまい、日本語は聞いてわかるが話せない、つまり親は日本語で話しかけても子どもは英語で答えるという状況になります。この受容的バイリンガルやテレビを見て育った子どもは、インプット(聞くことを読むこと)を理解する必要はあっても、話す必要性がない。よって聞いてわかるための能力は身についたのですが、発話しないために話す能力が発達しなかったと考えられます。

聞くだけでは話せるようにならない事例

1. の「テレビからは言語習得できない」と、2. からは「聞く」だけのインプットだけでは話せるようにならないということがわかります。常識的に考えても、話す練習をしていないので、聞いて理解できても話せないのは当然といえば当然だと思います。また「聞き流すだけ」は劣勢ですね。

生身の人間の発音を聞かないと習得できない事例

それから、1. の後半からは、微妙な音声は生身の人から聞かないと習得できないということがわかります。これは録音の精度にもよると思いますが、生よりも精度が高い録音方法はないので、これも当然だと思います。でも、これは重要な要素を含んでいると思います。今は、生身の人間から直接発せられる英語を聞くのではなく、CDやテレビ、オンライン英会話の場合はPCなどの媒体を通して英語を学習されている方が多いですよね。それらは本当に良い方法なのか?

英語は日本語に比べて発音数が多い言語です。日本語の母音は5、子音は一般的に16といわれていますが、英語は20の母音と24の子音があるといわれています。それに加えて、英語は正しく発音しないと理解してもらえない言語だといわれています。正しい発音を身につけるには、日本語にはない口の動かし方から身につける必要があります。それには目の前で生で発音してもらった方が良いに決まっています。そう思いませんか?

次回は第二言語習得研究からの目から鱗 #2

今回はこれくらいにします。次回は、「第二言語習得研究からの目から鱗」が #2 でまだまだ続きます。また、最新の英語習得方法については、ETNのウェブサイトでも詳しく説明していますので是非。(www.etn.co.jp

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)  

英語学習はもっと科学的に。費用対効果重視のビジネスパーソン限定。 English Tutors Network

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>