英語で話すために必要なトレーニング

英語を話せるようになるためにはどうしたらいいのでしょうか?ビジネスパーソンに英語を教える立場になってから、ずっとその答えを追い求めています。

ことばを話すには言語能力と話すことに関する知識が必要!

我々は日本語をペラペラと話すことができます。なぜでしょう?先ずは、日本語という言語の能力。つまり、単語、文法、発音という言語の3つの基本要素に関する知識を体得しており、そしてそれらの知識を無意識的に、自動的に流暢に使える能力があるからペラペラと日本語を話すことができます

しかしながら、日本語という言語を話す能力だけではペラペラと話すことはできません。話すこと、話すに値するすることがなければ、ペラペラと話すことはできません。つまり、ペラペラと話せるようになるためには、言語能力だけではなく、話す内容についての知識と、それについての自分なりの考えが必要ということ。

言語を話すということはその言語で考える必要がある!

なぜ、小職が英語の学習方法についてペラペラと話すことができるかというと、いつもそのことを考えているからです。日本語で。

皆さんも、仕事で重要な会議に参加する際、自分の言わなけれなならないことを前もって考えて準備するはずです。日本語で。プレゼンの場合も、何を言うかを考えて、ほぼ100%準備するはずです。質疑応答についても、想定される質問とそれに対する答えを事前に考えて準備します。日本語で。準備なしではペラペラと話すことはできません。

上記の場合においても、考えてなかったこと、準備していないことを話さなければならない場合もあります。日常生活でのたわいない会話も準備して話すことではありません。しかし、そのような場合も、自分の頭にあること、つまり以前自分で考えたこと(日本語で)をベースに話しています。

言うまでもありませんが、言語を話すということは、自分の考えを表現することです。それは、過去に自分で考えたこと、もしくはそれに基づいた今の考えを表現することです。つまり、ある言語で話すためには、その言語で、物事についてよく考える必要があるということではないでしょうか。

「英語で考える」ことの代替トレーニング法

上記のことを考慮すると、究極的には、我々ノンネイティブの日本人がペラペラと英語を話せるようになるには、英語で考えるようにすることです。でも、いきなり英語で考えるようにしろといわれてもなかなかできることではありません。

したがって「英語で考える」こと、もしくはそれに似た状況を作り出すために色々なトレーニング方法が必要となってきます。我々 English Tutors Network は、そのためのトレーニング方法を推奨しています。下記がその例です。

  • リプロデューシング: 日本語を介入させないで頭の中で英語の文章を組み立てる基本トレーニング。インプットされた文法の知識を、アウトプットできるようにし、スピーキングの流暢さ向上を促す。詳しい方法はこちら
     
  • リフレージング: 日本語を介入させないで、様々な表現方法を使えるようにするトレーニング。スピーキングの流暢さを向上させると同時に、英語脳を強化できる。詳しい方法はこちら
  • サマライジング: 日本語を介入させないで、言いたいことを英語で話すトレーニング。頭に浮かんだ言いたいことを、日本語を介入させることなく英語にする能力を向上させる。詳しい方法はこちら
     
  • シミュレーション: スピーキング力向上のための基本中の基本トレーニング。言い回しや表現方法を頭の中に蓄積でき、スピーキングの流暢さを向上させる。詳しい方法はこちら

特に、最後のシミュレーションは、新しい言語を話せるようになるための基本中の基本トレーニングです。仕事で英語に触れる機会がある方は、忘れずに行うようにしてください!

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します

無駄な学習をしていませんか?科学的根拠に基づいた効率的で正しい学習方法で、レッスンと自主学習をフルサポート。English Tutors Network

English Tutors Network サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です