英語習得には一日90分の学習が必要!?

一般的なビジネスパーソンがこれから仕事で使える英語を習得するために、一日どれくらいの時間を英語学習にあてれば良いのでしょうか?

例えば、1週間に1回75分のレッスン(Tutoring)を1年間受けた場合、1年は52週ですから1年で65時間にしかなりませんよね。この程度の学習では、いくら効率的な学習方法でも英語の習得は絶対に不可能だということは、いままでこのブログを読んで頂いた方には理解できるのではないでしょうか。

大学卒業以来英語に触れる機会があまりなかった人は2年で1,000時間が目標!?

中学・高校での英語の学習時間と、アメリカやカナダでの語学習得に関する事例、ETNの日本人Tutorの方々の経験等を総合した結果、大学を卒業して以来全く英語に触れていない方であれば、1,000時間の学習時間を確保すること目標にしたいということを紹介しました(詳しくはこちらで)。

1日1時間学習しても1年で365時間にしかなりません。1,000時間まで3年程度必要です。1日90分の学習を毎日確保すれば、2年で1,000時間以上確保可能になりますよね。これは次回書きますが、英語を習得するには一定期間集中して学習するほうが効率的です。大学卒業以来全く英語に触れていない方であれば、2年で1,000時間という目標が現実的だと考えます。

通勤時間往復1時間と机に向かって30分を確保しよう!

もしかして1日90分を毎日確保することは難しいと思っていませんか?でも考えて見てください。通勤時間は1日どれくらいですか?電車でも車でも片道30分程度はありませんか?電車・バスの中、歩きながら、車を運転しながら、家事をやりながら、食事しながら、お風呂に入りながら、用を足しながら、英語の学習は主に繰り返しですから、「ながら時間」をうまく活用すればどんなに忙しい人でも1日90分位は確保できるはずです。

例えば、毎日通勤時間1時間と、机に向かう30分でトータル1時間半を確保するというのがお勧めです。これだとできそうではないですか?「記憶」と「自動化」のための「インプット」の繰り返しは通勤時間に行い、「理解」と「アウトプット」の繰り返しは机に向かって行うというのが、インプットとアウトプットのバランス、「理解」「記憶」「自動化」のバランスの面からも理想的です。

まとめて学習は脳科学的にも効率が悪い!毎日学習が基本!

週末にまとめて学習することはやめてください。毎日学習した方が間に睡眠が入り、その間に記憶が整理されるため、より効率的に学習できるということが脳科学的に立証されているからです。これも以前紹介しましたよね。詳しくはこちらで。

次回は 、英語を習得するには一定期間集中して学習するほうが効率的な理由です。

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)  

英語習得には自主学習がMUST。レッスンと自主学習の両方を、日本人とネイティブ2人のTutorによるフルサポート。English Tutors Network

www.etn.co.jp 

 


英語習得には一日90分の学習が必要!?」への2件のフィードバック

  1. Shumi Eigo

    小柳さん、はじめまして。
    イギリスで教育に携わる者です。
    「英語 1000時間」で検索したら辿り着きました。
    これはわかりやすい指標ですよね。
    もちろんどれだけ集中してやるかといった事も影響しますが、
    時間のように数値化できるもので
    指標があった方が分かりやすい。
    参考になりました。またお邪魔します。
    今後ともますますのご活躍を!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です