効果的な多読の方法とは?

音読・シャドーイングの効果的な方法をご紹介してきましたが、今回は多読です。多読の効果を否定する言語学者はいないといわれています(詳しくはこちらで)。

ここでは、国際多読教育学会理事の古川昭夫氏が推奨している多読の方法をご紹介します。多読は英語力向上に非常に効果的です。しかしながら、特に初級者の方が読むことだけで語彙力を上げたり、文法力をつけていくことには限界があることも事実です。最重要基本語や基本文法項目をおさらいしてから多読を始め、更に多読を進めながら平行して語彙・文法理解の増強も進める方が効率的でしょう。

効果的多読のための3つのポイント

Point 1:

やさしい本から徐々にレベルを上げていくこと。最初にゆっくりレベルを上げた人の方が、後で苦しむことなくスムーズに多読を続けられる場合が多い。

Point 2:

総語数100万語の読書の達成を目標にする。分速100語で読んだ場合、1週間に3時間半(毎日30分)の読書で、1年で達成可能。ちなみに、中学・高校6年間の教科書全部の英語で3万語程度。

Point 3:

英語を英語のまま左から右に語順通りに読んで理解すること。わからなくなった場合でも、英文を後ろから前に向かって戻りながら訳す全文和訳ではなく、意味や構造の切れ目ごとに理解する。

多読三原則:

原則1:辞書を引かない。

原則2:わからないところは飛ばす。

原則3:つまらなくなったらやめる。

英語が上達する一番の方法は、英語を好きになることです。でも難しいですよね。その場合は、興味のあることを英語を通して行なうことです。多読は「勉強」と思わないで、趣味の一環でやってください。興味のあるものを読む。つまらなかったらやめる。そうしないと続かないですから。

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)

無駄な学習をしていませんか?科学的根拠に基づいた効率的で正しい学習方法で、レッスンと自主学習をフルサポート。ETN

www.etn.co.jp

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>