科学的に最も効率的な英単語の覚え方!?

今回は単語の効率的な覚え方の最終回です。最後に今までのまとめとして、科学的に最も効率的な単語の覚え方の表も付けておきましたので参考になれば幸いです。さてその前に先ずは、覚えたい単語は自分で実際に何度も使ってみると早く覚えられるということが脳科学からも立証されているということについてです。

単語を効率良く覚えるには「読む・聞く」より「話す・書く」こと!

これは何度も繰り返し紹介してきましたが、「インプットよりもアウトプットを繰り返す方が、脳回路への情報の定着を促進する」と、米パデュー大学のカーピック博士が雑誌「サイエンス」に発表しました。つまり、私たちの脳は、情報を何度も入れ込む(インプット)よりも、その情報を何度も使ってみる、想起する(アウトプット)ことで、長期間安定して情報を保持することができる性質をもっています。

単語の学習に応用してみると、覚えようとしている単語を使って実際に自分で文章を作って書いたり、口に出したりして何度も使う(アウトプットする)ことが非常に効率的だということです。

科学的に最も効率的な英単語の覚え方はこちら!

過去7回に渡って効率的な英単語の覚え方について紹介してきましたが、下記の表がそのまとめです。表の中から、自分に合ったものを選んで実践してみてください。効果の程をレポートしてもらえると嬉しいです。

英単語の効率的な覚え方

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)  

無駄な学習をしていませんか?科学的根拠に基づいた効率的で正しい学習方法で、レッスンと自主学習をフルサポート。English Tutors Network

www.etn.co.jp

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です