「改訂版 キクタン Basic 4000」の内容と使い方

今回は科学的にも効率的な英単語の学習方法の第2回目です。今回は「改訂版 キクタン Basic 4000」を取り上げたいと思います。どのような教材なのか。それからこの教材を使用した効率的な学習方法をご紹介したいと思います。(2017年1月10日更新)

おすすめ英語教材まとめサイトこちら

改訂版 キクタン Basic 4000」[アルク]¥1,400+税 CD付属

キクタンBasic4000

(別売り:「改訂版キクタンBasic 例文音声」(ダウンロードサイトで1,100円)。iPhone用アプリ「キクタンBasic4000」(600円)。)

本書の内容は以下の通りです。

  • 見出し語で1,120語、派生語・関連語を加えても2,700語弱の掲載。1日16語を週7日×10週分と、単語毎のフレーズとセンテンス、そして1週間に1つの長文(3段落程度)を掲載。

  • 見出し語の選定は、過去の入試問題のデータと、コーパス・データから「4000語レベルのBasic語彙」が選ばれている。「試験に出る」「日常生活で使える」ことを最も重視。

  • 読むだけではなく、聞いて覚える学習にこだわり、語彙力と読解力に加え、リスニング力強化も目指す作り。
  •  TOEIC600点、英検2級に対応可能。

  •  キクタンシリーズは「Entry」「Basic」「Advanced」「Super」の4つのレベル。

4000語レベルのうち、実際は1,120語しか掲載されていないことに注意!

選定語については、過去の入試問題のデータと、コーパス・データから「4000語レベルのBasic語彙」が選ばれているとあります。どれもベーシックな単語なので、ビジネス向けとマッチしているかどうかは気にしなくてもよいと思います。

単語数については、実際は見出し語で1,120語、派生語・関連語を加えても2,700語弱しかありません。「4000語レベル」のうち、1,120語しか掲載されていないので注意が必要です。

中学レベルの「超基本単語」を一度おさらいしたい人は、この「Basic」の一つ下のレベルの「Entry」から始めた方がよいかもしれません。

派生語・関連語、そして発音記号も掲載されていることはプラス評価です。

例文の語彙・文法を完璧に理解してから何度も聞くこと、そして音読・リピーティング・シャドーイングで自動化促進

「目と耳を活用して覚えること、そして例文により「読解力」+「聴解力」も強化」をうたい文句にしていますが、これは第二言語習得研究や脳科学研究から見ても評価できます。

「Weekly Review」の例文を完璧に理解した後に、その意味や文法項目を意識しながら繰り返し聞く事、音読・リピーティング・シャドーイングすることにより、自動化の促進が期待できます。

CDの音声のスピードはナチュラルより遅め。iPhone用アプリも同内容を収録

付属のCDには、見出し語、日本語定義、見出し語の順で収録してあり、1週間分の収録のあとに、長めの例文の音声も収録してあります(単語毎のフレーズとセンテンスの音声は収録されていません)。

例文を読むスピードはナチュラルより遅めです(キクタン リーディングBasicよりも早め)。

別売りの「改訂版キクタンBasic例文音声」は、見出し語、単語毎のセンテンスと日本語訳(CD未収録)の順で録音されています。iPhone用アプリ(600円)も同内容の音声が収録されています。

本書がうたっているように70日で全部覚えられると思わないで!

注意点としては、「1日16単語を70日で」をうたい文句にしていますが、単語は一回で覚えられるものではありません。繰り返しが必要ですので、70日で全て覚えられるとは思わないでください。

また、CDでは音楽のリズムにのって録音されているので好き嫌いがあるかもしれません。例文の時は音楽は入っていません。

 

「改訂版 キクタン Basic 4000」を使用した英会話自主トレーニング方法の詳細は「英会話ETNトレーニング法」で。ETNで行われているトレーニングプログラムの全てを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2017年1月10日追記)

英語学習にもっとビジネス感覚を。費用対効果重視のビジネスパーソン限定。 English Tutors Network

www.etn.co.jp

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>