「英会話・ぜったい音読 標準編」の活用方法

科学的に効率的な英語の流暢さの向上(自動化)の方法について、以前「英会話・ぜったい音読 ・入門編」を使った具体的な学習方法についてご紹介しましたが(詳細はこちら)、今回は「標準編」をご紹介したいと思います。先ずはどのようなテキストなのかを見ていきましょう。(2017年1月18日更新)

おすすめ英語教材まとめサイトこちら

「英会話・ぜったい・音読 標準編」國弘正雄(編)CD付属[講談社]¥1,200+税

ぜったい音読標準編

本書の内容は以下の通りです。

  • 音読によって、中学校3年で習った語彙や文法の知識をベースに、使える英語を身につけるための「英語の基礎回路」をつくることが目的。中学校3年生用の英語教科書7点から、大人の興味に耐えうるものを12レッスン分使用。

  • テキストを、あまり引っかからずに通読できて、だいたい意味がとれる方が対象。TOEIC470〜600点の方が対象。

標準編と入門編の学習方法の違いについて

本書標準編と入門編とでは、勧める学習方法が違います(版による違いかもしれません)。本書標準編では、最初に2回CDを聞いただけで、その後何度も音読を繰り返すことを勧めていますが、これでは変な発音が身に付いてしまう可能性があります。英文の意味・文法構造を把握した後、1文毎にリピーティングして正確な発音で音読することをお勧めします。

意味と文法項目を意識して何度も音読!

入門編と同じように、意味内容を意識しながら音読を繰り返すことで、語彙や構文も無意識的に理解(自動化)できるようになります。これは科学的に見ても有効な方法です。

この教材は、語彙や構文を無意識的に理解できるようにする自動化と、それにより英文を後ろから訳し戻す癖を矯正すること(前から理解する基礎回路をつくること)を目的としています。

ちなみに、CDの音声は入門編より若干早めになっています。

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)  

無駄な学習をしていませんか?科学的根拠に基づいた効率的で正しい学習方法で、レッスンと自主学習をフルサポート。English Tutors Network

www.etn.co.jp

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です