なぜ英語ができるようにならないのか?

大人にとって本当に効率的で効果的な英語の学習方法とは?について色々と調べているなかで、なんで英語ができるようにならないのか?についても考えてみました。でもそれって単純なことだと思うんですよね。単に、できるようになるやり方を知らないからではないですか?

やり方を知らないから、間違ったやり方で学習した人はいつまでたってもできない。たまたま正しいやり方でやった人はできるようになる。普通の人は忙しい方が多いので、私みたいに本当に効率的で効果的な英語の学習方法を、脳科学入門から調べている暇なんてないですからね。ある人が良いと言った方法を信じてやるしかないですよね。

限りなく詐欺に近い英語教材やスクールが蔓延する理由の一つ

昨日ある方と話していて思ったのですが、今、健康食品と言われるものは多く売られていますよね。ヒアルロン酸とか青汁とか。健康食品の分野では、実際には効果があるかどうか実証されていないにも関わらず、あたかも効果が必ずあるように表示して健康食品を販売すると、薬事法という法律で罰せられるんです。

でも、英語の教材とはスクールとか、実際に効果があるかどうか実証されていないにも関わらず、あたかも必ず効果があるように宣伝して販売・集客している場合はどうでしょうか?それを規制する法律ってないんですよね。だから限りなく詐欺に近いものも多くあるのではないでしょうか?だからって法律で規制しろといっているのではありません。英語を学習する際は慎重に検討した方がよいということを言いたいだけです。

学習レベルに応じて適切なことを適切に組み合わせて学習することが重要!?

一方で、書店にはすばらしい文法書や単語集、ビジネスで役立つ表現集、CD教材など、良い教材も一杯販売されています。オンライン英会話などで英語を話す機会を確保することも安くなってきました。

でも、でもですよ。それぞれがどんなにすばらしいものでも、文法書だけ読んだり、単語だけ暗記しても仕事で使える英語は身に付きませんよね。ビジネスで役立つ表現集を全て暗記することは無理ですし、暗記したとしてもそれだけでは仕事で使える英語を身につけたとは言えません。

以前書きましたが、オンライン英会話でただ話す機会だけ確保しても、それだけでは無理です。仕事で使えるようにはなりません。TOEICに特化した学習をすることは非効率だということも指摘しました。学習レベルに応じて、適切な事を適切に組み合わせながら学習することが必要になってくるんだと思います。

ETNではそういうことをやりたいと思いました。ただ英語を教えるのではなく、英語の学習の仕方も伝授する。つまり、学習者が目標を達成するための最短距離を提示して、そこへの効率的な到達方法と手足の動かし方を教えることです。

次回からは「効率的な英語学習法」について調べた結果の詳細をご報告します。

English Tutors Networkのコンセプトは大体固まってきました。まだまだ、「ETNができるまで」は続きますが、ここで一旦「効率的な英語学習法」のカテゴリーに移りたいと思います。

既に若干書きましたが、語彙や文法の学習方法、流暢さ(自動化)の進め方など、どのように学習したら効率的なのかについて私の調べた結果や、ETNの考え方をご紹介したいと思っています。

「ETNができるまで」にはまた戻ってくるつもりです。また読んで頂けたら嬉しいです。ETNのウェブサイト(www.etn.co.jp)でも詳細を説明していますので是非。

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)  

レッスンと自主学習の両方を、日本人とネイティブ2人のTutorがフルサポート。費用対効果重視なら English Tutors Network

English Tutors Network サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です