英会話ETNトレーニング法:⑩ 英語の語順に順応

ETNで実際に実施している英語・英会話トレーニング方法の10回目です。今回は「英語の語順に順応するためのトレーニング」です。 

⑤ 文法知識習得で、基本的な文法を一通り理解すると、英語の語順は日本語のそれとは全く違うことがわかると思います。今度はその知識を使えるようにするためのトレーニングを行います。7つのステップを順番に行ってください。必ず、意味を意識しながら音源を聞き、そして発音することです。多読・多聴も効果的です。

英会話ETNトレーニング法まとめサイトは こちら

STEP 1:音声付きの英文を準備

  • 単語と文の構造 (文法・構文) をほぼ完璧に理解できる、音声付きの長めの英文を用意。
  • 必ず、自分の学習レベルに合った英文 (若干やさしい英文) を使用すること。

STEP 2:音源を聞く

  • スクリプトを見ながら、意味を意識しながら何度か聞くこと!
  • 余裕がでてきたら、発音 (個々の音とアクセントの位置、音のつながり、リズムとイントネーション)を意識して何度か聞いてみましょう。

STEP 3:音読

  • スクリプトを、意味を意識しながら何度か音読すること!
  • もし、わからない単語、文の構造 (文法・構文) がある場合は、辞書等で調べて完璧に理解しましょう。
  • 音読しながら、意味がスーと頭に入ってこない場合は、何回か繰り返し音読してみること。(黙読して意味を理解しようとしないこと!)
  • 詳しい音読の方法は こちら

  • 何回か繰り返しても、音読しながら意味が頭に入ってこない場合は、STEP 4 のスラッシュ・リーディングを試してください。

STEP 4:スラッシュ・リーディング

  • スクリプトに、意味の切れ目にスラッシュを入れながら、かたまり毎の意味を理解しながら音読しよう!
  • スラッシュを入れた後、かたまり毎に前から意味を理解しながら、頭にスーと意味が入ってくるまで何度か音読を繰り返しましょう。
  • 詳しいスラッシュ・リーディングの方法は こちら

STEP 5:リップ・シンク

  • スクリプトを見ながら、意味を理解しながら、音源に合わせて口パクしよう!
  • 意味を理解しながら、スピードについていけるまで何度も繰り返してみましょう。
  • 詳しいリップ・シンクの方法は こちら

STEP 6:オーバーラッピング

  • リップ・シンクと同じ要領で、意味を理解しながら声を出してみる。
  • 意味を理解しながら、スピードについていけるまで何度も繰り返すこと!
  • 詳しいオーバーラッピングの方法は こちら

STEP 7:シャドーイング

  • スクリプトを見ないで、意味を理解しながら音源を聞き、音源を追っかけて意味を理解しながら声に出してみること!
  • 意味を理解しながら、スピードについていけるまで何度も繰り返すこと。
  • 詳しいシャドーイングの方法は こちら

上記7つのステップに加えて… 多読・多聴

  • やさしい英文を、辞書を引かずに、多く読み、多く聞こう!
  • 英語を英語のまま、文を前から語順通りに理解していくこと。
  • 必ずストーリー(内容)を楽しむこと!

 

* 各段階で、どうしてもうまくできない場合は、数回自力で音読してみてください。それでもうまくできない場合は、英文の難易度を下げてみましょう。

* なお、音読などの基本メニューは、このサイトでご紹介するすべてのトレーニングで行うことになりますが、それぞれ何を目的としているかを理解し、それに意識を集中することで効果が全く変わってきます。何のためにそれを行なっているのかに意識を集中して各トレーニングを行いましょう。

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。

話せるTOEIC高得点を目指そう。効率的で正しいトレーニング方法の English Tutors Network で。

www.etn.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>