英会話ETNトレーニング法 28:多読の効果と方法

ETNで実際に実施している英語・英会話トレーニング方法の28回目です。今回は、具体的なトレーニング方法の12回目で、「多読」についてです。一人でもできる自主トレーニング法ですので、是非やってみてください。

英会話ETNトレーニング法まとめサイトは こちら

多読の効果

  • 多量なインプット(読むこと・聞くこと)は言語習得の基本。

  • 英文に多くふれることで重要な単語を深く学ぶことができ、また重要な文法・構文に関する知識も蓄積できるため、英語力の基礎固めが出来る。

  • 単語や文法構造を、英語のまま無意識的に理解・解析する「自動化」が促進される。

  • 新しい単語や文法・構文の知識も習得可能。

多読の方法

  1. 知らない単語・語句、文法・構文が全体の2〜3%程度の、興味のある内容の多読本を用意。下記の書籍・サイトを参照ください。
  2. 英語を英語のまま左から右に、語順通りに読んで理解する。つまり、英文を後ろから前に向かって戻りながら訳す全文和訳はせず、意味や構造の切れ目ごとに理解すること。
  3. 知らない単語・語句、文法・構文は辞書等で調べず、前後関係から意味を類推しながら読む。
  4. ストーリー(内容)を楽しむことを忘れずに!つまらなかったら読むのをやめる勇気も重要です。

 

多読以外のトレーニング方法は英会話ETNトレーニング法で公開しています。試しにやってみよう!英会話は自主トレで上達します

英会話は自主トレが MUST。ETN のネイティブ&日本人トレーナーと共に着実に。 English Tutors Network

English Tutors Network サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です