英会話ETNトレーニング法:⑦ 発音知識習得

ETNで実際に実施している英語・英会話トレーニング方法の7回目です。今回は、「 発音知識習得方法」です。 

ちなみに英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。このサイトは、今回までの7回分も含めて、ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。

さて、英語の発音についてです。まずは日本語にはない発音、英語独特の音の変化とリズム・イントネーションを理解することから始めましょう。次に、自分でも無意識的に発音できるように繰り返し練習すれば、リスニング力も必ず向上します。

発音記号の理解

  • 口の動かし方に注意しながら、各発音記号の発音方法を理解すること
  • 特に日本語にない発音、日本語と違う発音に注意しよう!
  • 単語のアクセント (ストレス) の位置も意識すること!

音の変化の理解

  • 日本語には少ない3つの音の変化 (連結・脱落・同化) を理解すること
  • 音が変化しても聞き取れるようになるために、自分でも発音できるようになろう!

強弱 (リズム) の理解

  • 強くゆっくり、または弱く速く発音することにより、英語独特のリズムが発生することを理解しよう
  • 強く発音する場合と弱く発音する場合で、発音が変化する単語があることを理解すること!
  • 弱く速く発音されても聞き取れるようになるために、自分でも発音できるようにしよう!

イントネーションの理解

  • イントネーション (音の高低・抑揚) で意味の違いを表現できることを理解すること④
  • 自分の意図したことが正確に伝わる様、先ずはネイティブ・スピーカーのイントネーションをまねることから始めよう!

発音・リスニング総合力の強化

  • 個々の発音 (発音記号)、音の変化 (連結・脱落・同化)、強弱、イントネーションを意識して多聴すること
  • ネイティブ・スピーカーの音声をまねながら、個々の発音、音の変化、強弱、イントネーションを意識して繰り返し自分で発音してみること!
  • ディクテーション・音読・リピーティング・シャドーイングを繰り返すこと!

 

英会話ETNトレーニング法」では、上記に適した市販のおすすめ英語教材も紹介しています。

ビジネスのトップシーンで使える英語コミュニケーション力向上ならEnglish Tutors Network

www.etn.co.jp


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>