「英語の発音パーフェクト学習事典」の内容と使い方

日本人が英語を聞き取れない一番の理由は「音声変化」です。音声変化には、主に「連結」「脱落」「同化」の3つあります。これらのことを詳細に説明している本を紹介したいと思います。

英語の音声に関する理論を理解しても、それだけでは聞き取れるようにはなりません。自分で発音できない音は聞き取ることができないと言われています。ネイティブの音を真似て、何度も繰り返し声を出して練習しましょう。

おすすめ英語教材まとめサイトこちら

「英語の発音パーフェクト学習事典」深沢俊昭(著者)[アルク]

英語の発音パーフェクト学習辞典

CD-ROM付属 ¥2,600+税

本書の内容は以下の通りです。

  • 日本語を母語とする人の立場に立って、その母語の影響によって生じる音の壁を乗り越え、短期間で確実に英語の音を習得するための方法の体系化を目指した書籍。

  •  日本語の母語話者にとって問題となる、下記の英語の音声現象をあらゆる角度から扱っているとのこと。リズム、イントネーション、連結、同化、短縮形、破裂、脱落、子音連結、母音・子音。

  •  対象は、初級者の方から、発音指導法を学びたいという人まで、どのような立場の人でも目的に応じた使い方ができるように工夫されているとのこと。

  • 付属のCD-ROM(MP3)には、本書の学習に必要な音声全てが収録されている。MP3なので、音楽CD専用プレイヤーでは再生できないので注意。

発音記号については詳しく載っていません。。。

発音は、英語習得のために学習しなければならない3つの重要な要素の一つです。しかし、他の2つの要素である単語と文法に比べて、日本の学校教育ではあまり重要視されていません。この本は、初級者でも理解できるように、英語の発音についての詳細を説明しています。

しかし、英語の発音の基本の基本である個々の音(発音記号)については、巻頭でさらっと触れられているだけなので、物足りなさを感じます。個々の発音に不安を感じる方は、「DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本」(こちら)から始めることをお勧めします。

読むことにはあまり時間をかけずに何度も声に出して練習しよう

発音指導法を学びたい人向けにも耐えられる内容となっているとのことで、かなり詳細に説明しているところがあります。それらの中には、一般ユーザーにはあまり必要のないものも含まれているので注意が必要です。

英語が必要なビジネスパーソンであれば、連結・脱落・同化・リズム・イントネーションの章を、CDを活用しながら、あまり時間をかけずに(詳細な説明は飛ばし読みしながら)通して読んでみることをお勧めします。(効率的な学習の進め方がわからない方は、ETNの講師と一緒にやってみませんか!)

付属のCD-ROMには、本書内のほとんど全ての英文の音声が収録されています。ディクテーション、アイ・シャドーイング、リップシンク、オーバーラッピング、リピーティング等を繰り返して、自分で発音できるようになりましょう。そうすれば必ず聞き取れるようになります。

 

英会話自主トレーニング方法は こちら で。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。

英会話は自主トレが MUST。ETN のネイティブ&日本人トレーナーと共に着実に。English Tutors Network

www.etn.co.jp

English Tutors Network サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です