「JACET8000 英単語」の内容と使い方

科学的に効率的な単語の学習方法について、今回は「JACET8000 英単語」を使った具体的な学習方法についてご紹介したいと思います。先ずはどのようなテキストなのかを見ていきましょう。

おすすめ英語教材まとめサイトこちら

「JACET8000 英単語」相澤一美(編集代表)[桐原書店]¥2,000+税

JACET8000 英単語

本書の内容は以下の通りです。

  • 大学英語教育学会基本語リスト「JACET8000」に意味、用例、そして派生語を加えて再編集したもの。

  • 「JACET8000」は、BNC(ブリティッシュ・ナショナル・コーパス)基準とし、それに日本人の英語学習資料とアメリカ英語の言語資料のコーパスも加味した語彙リスト。なお、コーパスとは、言語情報の電子データのこと。

  • 上記コーパスから使用頻度の高い順番に1〜8000まで番号が付されて並べられている。8000語を1000語毎の8つのレベルに分割。仕事で英語を使用するビジネスパーソンの目標を6000〜7000語と設定している。
  • ほぼ全ての単語に例文や句を掲載。一緒に覚えた方が良い派生語、及び発音記号も掲載。

非常に信頼性が高い 8000語を掲載

英語学習において単語を覚えることは最も基本的なことの一つです。その際、覚えるべき単語の選択は、英語学習の効率性を左右するので、非常に重要です。本単語集は、BNCを基本として使用頻度順に選定しているので、掲載語については非常に信頼性が高いと思われます。

8000語を掲載していますが、この8000語は、派生語は別の単語として数える「レマ単位」での語数。派生語も含めて1つの単語として数える「ワード・ファミリー」の数と違います。

1000語毎のレベル別に「TOEIC 400〜500レベル」などのコメントが記載されていますが、語彙選定基準が異なるため、あまり正確ではありません。あまり気にする必要はないと思います。(例えば、Level 6(5000〜6000語)は「TOEIC 600点レベル」と記載されていますが、中には “pylorus”(幽門 = 胃と十二指腸の境目)などの覚える必要のない語も含まれています。)

CD付属なし!単語学習用ではなく自分の単語力の確認用に!

発音記号は掲載されていますが、音声CDが付属していないのが残念。単語は見て、聞いて、発音して、書いて、例文(句)で覚えて欲しいからです。

ETNは、単語をただ見ながら覚えることは推奨していません。その理由で、本単語集は自分の単語力の確認には非常に有用だと思いますが、単語学習用にはあまりお薦めしません。

「JACET8000 英単語」おすすめ使い方

  1. 自己診断:レベル1〜8の最初のページに各々25個の単語が抜粋されています。自分のレベルを確認するために、25個のうち知らない単語が何個あるか確認しましょう。

     

  2. レベル1で5つ以上知らない単語がある場合:まずは基本1000語を集中的に復習する必要があります。本単語集や中学校3年間の英語の教科書を使用し、各単語の訳語を覚えていきましょう。この段階では、派生語や例文はあまり気にしなくて良いと思います。その際、声を出しながら覚えてください。発音方法がわからない単語が多くある場合は、音声CDが付属した市販の中学生向け単語集を探してみよう。

     

  3. レベル2で5つ以上知らない単語がある場合:本単語集やキクタンEntry2000、キクタンリーディングEntry2000 や、速読速聴 英単語Basic2400などを使用して語彙増強を目指しましょう。その際、音声CDを聴き、声を出し、そして例文で覚えることをお薦めします。


    キクタン Entry 2000
     の詳しい内容はこちら
    キクタンリーディングEntry2000 の詳しい内容はこちら
    速読速聴 英単語Basic2400 の詳しい内容はこちら

     

  4. レベル3もしくは4で5つ以上知らない単語がある場合:キクタンBasic4000、キクタンリーディングBasic4000 や、速読速聴 英単語Daily1500などを使用して語彙増強を目指しましょう。その際、音声CDを聴き、声を出し、そして例文で覚えることをお薦めします。


    キクタンBasic4000
     の詳しい内容はこちら
    キクタンリーディングBasic4000 の詳しい内容はこちら
    速読速聴 英単語Daily1500 の詳しい内容はこちら

     

  5. レベル4で知らない単語が5つ未満の場合:単語集で単語を覚えるレベルを超えたと思って良いでしょう。これからは、重要語を深く学ぶために、Graded Readers (レベル別英語学習用図書)やBBC Learning English、VOA Learning English、TED Talk などで多くの英語に触れるようにしましょう。また、英英辞典を使用したり、語源を意識することもお薦めです。語源は、知らない単語の意味を推測できるようにしてくれます。


    BBC Learning English
     の詳しい内容はこちら
    VOA Learning English の詳しい内容はこちら
    TED Talk の詳しい内容はこちら
    英語の語源 by ETN の詳しい内容はこちら

 

 尚、レベル別の「英単語力強化方法」はこちらを参照してください。

 

「JACET8000 英単語」を使用した英会話自主トレーニング方法は「英会話ETNトレーニング法」で。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します

英語学習はもっと科学的に。費用対効果重視のビジネスパーソン限定。English Tutors Network

English Tutors Network サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です