英語が聞き取れない理由は音声変化!(3)

日本人が英語を聞きとれない最大の理由と言われている音声変化(Liaison)は、連結(Linking)・脱落(Elision)・同化(Assimilation)の3つの種類に分けられます。

これら3つとも日本語ではあまり起こらない現象のため日本人にとって難しく感じますが、それぞれの特徴を理解し、自分でも発音できるように繰り返し練習すれば必ず聞き取れるようになります。

今回は「同化」(Assimilation) をご説明いたします。ご参考になれば幸いです。ちなみに、音声変化に加えて、発音記号・アクセント・イントネーテョン・強弱(リズム)など、英語習得に必要となる英語の発音については ETN の英語の発音サイトで。

音の同化とは!

音の同化(Assimilation)とは、単語と単語の音がつながって別の音に変化することです。発音しやすくするために変化させますが、音を変化させることによってスペルと違う音になることがあります。そのため、この「音の同化」に慣れていないと、「音の連結」と「音の脱落」同様、文字では理解できても、音声では理解できないということが起こります。

音の同化が起きても聞き取れるようになるためには、同化の規則性を理解し、そして自分でも同化させて発音できるように、音声を聞き、それを真似ながら何度も練習する必要があります。

音の同化(Assimilation)の例

miss
/mís/

you
/ju/

miss you
/miʃju/

(ミッシュー)

loves
/lʌ́vz/

yellow
/jélou/

loves yellow
/lʌ́vʒjélou/

(ラブジェロー)

would
/wúd/

you
/ju/

would you
/wúdʒjuː/

(ウッヂュー)

front
/frʌ́nt/

yard
/jɑ́ːrd/

front yard
/frʌ́ntʃjɑ́ːrd/

(フロンチャード)

have
/həv/

to
/tu/

have to
/hǽftə/

(ハフトゥ)

use
/juːz/

to
/tu/

use to
/júːstə/

(ユーストゥ)

音声変化に加えて、発音記号・アクセント・イントネーテョン・強弱(リズム)など、英語習得に必要となる英語の発音については ETN の英語の発音サイトで。

また、Steve Jobs から学ぶ 音の同化 はこちら

 

ETNの法人向け英語研修のサイト」をオープンしました。多くの企業で採用されているETNの英語研修プログラムをご紹介しています。ETNの法人向け英語研修の第一の目的は英語を教えることではありません!

英語は “やる気” になれば誰でもいくつになっても習得できます。ETNの法人向け英語研修は、その “やる気” に “火” をつけます!English Tutors Network

English Tutors Network サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です