カーネル・サンダーズの生涯を英語で

日本語訳:

5歳のとき、彼の父は亡くなった。


16歳のとき、彼は学校を辞めた。
17歳のとき、彼は既に4回仕事を失っていた。
18歳のとき、彼は電車の車掌になったが、22歳でクビになった。
彼は陸軍に入隊したが、除籍させられた。
彼は法科大学院に出願したが、失敗した。
彼は保険の外交員になったが、クビになった。
20歳のとき、彼の妻は去っていった。
彼は小さいカフェのコック兼皿洗いになった。
65歳のとき、彼は退職した。
彼は自殺を決心したが失敗した。
しかし、彼は一つだけ気づいた。自分は誰よりも料理がうまいと。
彼は87ドルを借りてチキンを購入し、彼自身のレシピでそれをフライし、ケンタッキー州の家々を回りそれを売った。
88歳のとき、KFCの創業者コーネル・サンダーズは、億万長者になった。

英語解説

die /dái/ (動) 死ぬ

quit /kwít/ (動) やめる

lose /lúːz/ (動) ~を失う ⇨ lose (現在形) – lost (過去形) – lost (過去分詞)

he had already lost 4 jobs: 過去のある時点までの間の経験を表す過去完了形“had + 過去分詞”。ここでは「既に4つの仕事を失っていた」の意。

railroad conductor: 電車の車掌 ⇨ “conductor” (名) 車掌、検札係

fail /féil/ (動) 失敗する

join /dʒɔ́in/ (動) 参加する

army /ɑ́ːrmi/ (名) 陸軍

wash out: 除籍になる ⇨ “wash” (動)「押し流す」+ “out”「外に」→「外に押し流される」のニュアンス。

and (he was) washed out there: カッコ内が省略されている。

apply /əplái/ (動) 出願する ⇨ “appliy for 〜”「〜に出願する」

law school: 法科大学院

reject /ridʒékt/ (動) 拒絶する ⇨ “be rejected” ここでは「不合格になる」の意。

insurance /inʃúərəns/ (名) 保険

salesman /séilzmən/ (名) セールスマン

leave /líːv/ (動) ~から離れる ⇨ “his wife left him” ここでは「彼の妻は彼を残して去った」のニュアンス。

cook /kúk/ (名) 料理人

dishwasher /díʃwɑ́ʃər/ (名) 洗い場担当

retire /ritáiər/ (動) 引退する

decide /disáid/ (動) ~しようと決心する

commit  /kəmít/ (動) 犯す

suicide /súːəsàid/ (名) 自殺 ⇨ “commit suicide” 「自殺する」

so much: ずいぶんと

realize  /ríːəlàiz/ (動) ~に気が付く

he realized (that there is) still one thing (that) he could do better than anyone: カッコ内が省略されていると考えられる。2つ目の“that” は関係代名詞で先行詞は“one thing”。「彼が誰よりも上手くできる一つのこと」の意。全体では「彼は、彼自身が誰よりも上手くできる一つのことがまだあると気づいた」

borrow  /bɔ́(ː)rou/ (動) 借りる

bought: “buy” (動)「買う」の過去形

fry up: フライにする ⇨ “fry” (動)「油で揚げる」

recipe /résəpi/ (名) レシピ

door to door: 副詞的に「戸別に」 ⇨ “went door to door”「戸別に訪問する」のニュアンス。

Kentucky: ケンタッキー州

founder /fáundər/ (名) 創始者

KFC: ケンタッキー・フライド・チキン社(Kentucky Fried Chicken)が社名を変更したもの。

billionaire /bìljənέər/ (名) 億万長者

 

著名人の名言をまとめたサイト「おすすめ英語名言 by ETN」をオープンしました。

無駄な学習をしていませんか?費用対効果重視のビジネスパーソン限定。 English Tutors Network

English Tutors Network サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です