まとめ:脳科学から見た効率的な英語学習法!?

今回は脳科学です。仕事で使える英語を身につける為には多くのことを記憶する必要があります。どのようにしたら効率的に記憶できるのでしょうか。今回は記憶に関する脳科学の基本的な知識をご紹介します。英語学習に役立ててい頂けるとうれしいです。

英語習得には寝ている間の脳を活用しよう!

人間の脳は寝ている間に記憶を整理整頓します。それによって、学習した時点では理解できなかったことが、整理整頓されたおかげで後になって理解できるようになることがあります。この現象を、レミニセンス(追憶)現象と呼ぶそうです。

この現象は、学習したものが少し時間をおくと高度化するという現象ですが、これは、一日6時間まとめて学習するよりは、2時間ずつ三日にかけて学習した方が、途中に睡眠が入るため、その間に記憶が整理整頓され、能率的に習得できるということにもつながると言われています。

英語は少しずつでも毎日学習した方が効率的ということです。

英語習得には毎日6時間以上寝ること!

米ハーバード大学の精神医学者であるロバート・スティックゴールドは2000年の認知神経科学雑誌に、何か新しい知識や技法を身につけるためには、覚えたその日に6時間以上眠ることが欠かせないという研究結果を発表しました。

一睡もせずに詰め込んだ記憶は、情報の貯蔵庫である側頭葉に刻み込まれることなく数日のうちに消えてしまうと指摘しています。

学生時代の一夜漬けは試験の結果につながったかもしれませんが、すぐ忘れてしまいましたよね。

寝る前15分は記憶のゴールデンタイム!

脳は睡眠の直前に取り込んだ情報を中心に処理するため、15分でもいいので、寝る直前に学習時間を確保するのが最も効率的と東京大学大学院の池谷准教授はいいます。

医学博士で脳神経外科専門医の築山節氏は、夜の学習はざっと中途半端にやって、寝ている間の脳の整理力を活用し、睡眠時間を十分にとり、起きてから整理・熟考することが合理的だと指摘しています。

築山氏は、夜は特に単語を覚えることなどは有効であるといいます 。英語学習に参考にしたいですね。 

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)   

科学的根拠に基づいた「効率的」で「正しい」ビジネス英語習得法は English Tutors Network

www.etn.co.jp

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です